Leopard発売を素直に喜べない

毎年、時代を先取りしてユーザのニーズを取り込んでいる事は評価してあげたいけど…
PC Watchの『アップル、Mac OS X Leopardを10月26日に発売』より

アップルは、Macintosh用のOS「Mac OS X Leopard(マックオーエステン・レパード)」を10月26日午後6時より発売する。シングルユーザーライセンスで14,800円。家族5人で有効なファミリーパックが22,800円。
(中略)
対応マシンは、Intel製CPUかPowerPC G5/G4(867MHz以上)を搭載したMacintosh。512MB以上のメモリが必要。

AppleからMac OS Xの最新版であるLeopardが発売されます。
謳い文句では300以上の機能追加と改善がなされているとの事です。
ただわが家のMacは古いのでiBookは動作対象外、Mac miniも実稼働の最低ラインに近いレベルのようです。
やはりどうしても最新のスペックが必要になってくるようです。
ここのところメインで利用しているMac miniではメモリやディスクの残容量不足からか、ひとつひとつの処理に時間がかかるようになってきました。ブラウザでWEBサイトを見るだけでもカラーボールが回転して処理待ちになる事が多いです。そういう意味では新しいOSが出たという時点ではマシン自体も買い替え時なのかもしれません。
ただしばらくは経済的にも設置スペース的にも新しいMacintoshは買えません。しばらくは自宅内にキャッシュサーバを立てたりストレージサーバにファイルを退避する事で凌ぐしかないようです。私が新しい機能を手にするには、もう少し時間がかかりそうです。
自動更新バナー

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。