iTMSに対する2つの噂

Engadget Japaneseの記事によるとiTMS(iTunes Music Store)絡みで2つの噂と言うか予想のお話が出ています。
二つの噂と言うのは

  • iTMSを経由してiPodで映画をレンタルで見られるようになる
  • iTMSにて電子書籍の販売を始める

だそうです。
映画のレンタルに関してはディズニーやパラマウント、ユニバーサル、ワーナーと言った大手配給元と交渉が進んでいるようでかなり現実味が高いサービスのようで、早ければ8月のWWDCの席上で発表されるかもしれないとの事です。レンタルの仕様に関しては再生回数で制限がつくのかダウンロード後の時間経過で再生できなくなるのかはまだわからないようです。
また電子書籍の販売はiPodの画面にて読む事が可能な形式になるようで、映画と違い販売の形式をとるので音楽と同じようにローカルのコンピュータにデータが残る形になるようです。
まだ噂の段階ですがこの2つのサービスが実現するとiPodのメディアプレーヤの位置づけとiTunesのメディアマネジメントソフトの立場がさらに強固になりますね。ライバルのマイクロソフトもメディアプレーヤ「Zune」を発表するなどがんばっていますが、用意されているコンテンツの量がiPod+iTunesとは比べ物にならないので追いかけるのは非常に大変でしょう。
ただどちらのサービスも噂レベルなのと日本で展開されるかが不明な為、日本のユーザが恩恵を受けるかは未知数です。
でも面白そうな新作の映画が安価にしかもオンラインでレンタルされるとなると便利ですね。
Appleにはぜひサービスを開始して欲しいですね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。