iPhoneはとりあえず年内発売決定

2008年6月4日

とりあえず貯金をはじめるか


ケータイWatchの『ソフトバンク、「iPhone」を年内に発売へ 』より

ソフトバンクモバイルは、2008年後半に日本国内で「iPhone」を発売することで、アップルと契約を締結したと発表した。

ソフトバンクによれば、詳細については現時点で未定とのこと。なお、現在海外で発売されている「iPhone」はGSM方式を採用している。このため、日本国内での発売にあたり3G(W-CDMA)版が登場すると見られる。

ソフトバンクモバイルからAppleの携帯電話「iPhone」の年内発売が発表されました。

現在、海外で発売されているiPhoneは通信規格としてGSMを採用しており日本国内で利用できるキャリアはありません。ただ噂で3Gネットワーク(日本だとW-CDMA)対応のiPhoneが開発中で6月9日のWWDC(Appleが主催の開発者向けイベント&セミナー)にて発表するかもしれないと言われていました。ソフトバンクモバイルの発表はある意味その裏付けであると同時にフライング発表のような気がします。

W-CDMA規格はNTT docomo、ソフトバンクモバイルが採用している規格で通信部分は互換です。ただ各携帯電話キャリアで「SIMロック」という機能制限をつける事でdocomoブランドの携帯端末をソフトバンクモバイルの契約で使用する事が出来ないようにしてあります。極一部の海外製端末(例えばNOKIAの「E61」というスマートフォン)ではSIMロックがされていないため、SIMカードを交換するだけでdokomo、ソフトバンクモバイルの他に海外のキャリアでも使用できます。ひょっとしてiPhoneも実はSIMロックされておらずNTT docomoでも使用できるかもしれません。ちなみにauは独自方式(CDMA-ONE方式を採用)しているため他社の端末は使用できません。このあたりは6月10日以降のAppleからの正式発表を待ちたいと思います。

気になるのは価格とランニングコストですが、価格は7〜8万円程度するのでしょう。ただし2年縛りでもう少し安くなる可能性はあります。ランニングコストはパケット定額プランで1万円以下には抑えられるでしょうが、もう少し安価なプランが使えるといいですね。docomoのパケ・ホーダイフルやソフトバンクモバイルのパケットし放題が利用できれば5千円程度で自由に使えるのですが、今のケータイキャリアはパケット代やコンテンツ料金で稼ぎたいので対応してくれないかもしれないですね。

とにかく日本国内でも年内にはiPhoneが使える目処が立ちました。私の取っての本命がジェットが手に入る日を心待ちにしたいと思います。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。