iPhone 3G 降臨

目の前にニンジンをぶら下げられたら馬は走り出すよねぇ。


某所で運良くiPhone 3Gが売っていたので、条件反射のように購入してしまいました。

購入したのは16GBモデルの白色です。やっぱりApple製品は白が似合いますよね。(でもMacBookは黒買っちゃったけど)

iPhoneOpen_01.jpg

販売当初は店頭は大混乱のようでしたがさすがに1週間も経つと、店員さんのほうは手慣れた対応のようで手続きそのものは15分ほどでした。すでに私がSoftbankの回線契約者で今の回線に一括請求するようにお願いしたので事実上審査不要だったのも手続きがスムーズだった一因でしょう。手続きするまで20分ぐらい行列に並びましたが、その待ち時間の間にも別の店員さんが契約するプランやオプションのヒアリングを事前に行なってくれたので待ったと言う印象はありませんでした。

手続き終了後、回線開通とアクティベーションのために一時間ほど時間が空いたので液晶の保護シートを選んだり、2ちゃんねるのiPhone在庫情報スレッドに情報をアップロードしながら時間を潰しました。で、ブツを受け取ると速攻で帰宅しました。これから開封の儀式です。

でもその前に汗をかいたのと埃を落とすためにシャワーを浴びて体を清めました。(マジ)

それでは箱を空けてみます。

iPhoneOpen_02.jpg

中から黒くて華麗に輝く板が出てきました。これがiPhoneです。最初に箱を開けた時に「あれ、俺黒買ったっけ?」と思いましたが色が付いているのは筐体の裏側なので、表側はどのモデルも同じデザインです。

さっそく箱から取り出して、動作確認を行ないます。
iPhoneOpen_03.jpg

ドット抜けも見当たらず鮮やかな画面が映し出されました。今までiPod touch 2.0を使っていたので、画面を見て最初は目新しさを感じませんでしたがよく見ると「電話」や「SMS」、「カメラ」といったiPhone 3Gにしか無いアイコンが並んでいて「新しいものを手に入れたんだなぁ」と感慨に浸ってしまいました。

iPhone 3Gを取り出した箱の中には説明書の他に充電用のアダプタやケーブル、マイク付きヘッドフォンがはいっていました。

iPhoneOpen_04.jpg

付属品で目を引いたのが充電用アダプタ。コンセントのAC100VをUSBに変換するものなのですが、ものすごく小さいのです。大きさを比較するために横に100円玉を置いてみました。

iPhoneOpen_05.jpg

これは非常に小さい。ただプラグは露出しているのでカバンに他のものと一緒にいれてしまうと傷つけてしまう可能性がありますね。もう少し縦長にしてプラグが格納式になっていればデザイン的にも使い勝手でも完璧だったと思います。

とりあえず欠品も無く動作も正常だったので、これで開封の儀は終了です。この後はネットワークやデータの同期設定を行なってiPod touchからデータを引き継ぐ作業です。これから同期が終わるまでの1時間はおあずけ状態です。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。