引く手あまたのiPhone

Appleさん、なかなか粋な機能を載せてくるじゃない。
Apple JAPANのニュースリリース「YouTube Live、本日からApple TVに登場。629日からはiPhoneでも対応」より。

2007年6月20日、アップルは本日、6月29日に米国市場でiPhone™が出荷される際に、YouTubeのオリジナルのビデオコンテンツを楽しむことができる機能が搭載されることを発表しました。iPhoneに搭載されるアップルのデザインによる新しいアプリケーションは、Wi-FiまたはEDGEネットワークを使ってYouTubeのコンテンツをワイヤレスにストリーミングし、iPhoneの美しい3.5インチディスプレイで再生します。

Appleのセットトップボックス「Apple TV」がYouTubeと提携してアップロードされた動画を簡単にテレビで再生できるようにする事は以前から発表されていたのですが、スマートフォンであるiPhoneにもYouTubeの動画を再生する機能を標準で搭載する事になりました。
今までは「Apple製のスマートフォンである事」自体がキラーコンテンツやったけど、これでYouTubeというキラーコンテンツが乗っかった事になるので、iPhoneに興味を持つ人は多くなるやろうね。どこでも動画が見られるわけやし、動画の数も半端や無い。その上、通信が発生するとキャリアの収入も増えるので一石二鳥いや一石三鳥ぐらいのメリットが有るかもしれへんね。
一方日本ではiPhoneはソフトバンクモバイルから出てくれたらうれしいなぁぐらいの状態やったけど、昨日のNTTドコモの株主総会でAppleへの働きかけを検討しているとの発言が有ったらしい。ちなみにニュースソースはケータイWatchのこの記事。本気になったらドコモもソフトバンクモバイルも必死で取りあうやろね。まぁノキアのE61のように両社に供給するという事もありえるけど。
一夜にしてiPhoneが引く手あまたの人気者になったみたい。
やっぱりAppleのやることからは目が離せんねぇ。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。