iPhone発表!…も日本では来年以降の話

ケータイWatchの『米Apple、GSM対応の“iPodケータイ”「iPhone」』より

米Appleは、前面にタッチパネルのみを採用しGSMに対応したスマートフォン「iPhone」を発表した。北米向けに6月より発売され、2007年後半には欧州で、アジア向けには2008年より発売される予定。
(中略)
 「iPhone」は、携帯電話、iPod、インターネット接続機能の3つが一体となったスマートフォン。前面のキーを廃し、3.5インチ、240×480ドットのタッチパネルのみを前面に据えたデザインで、操作はすべてタッチパネルで行なう。OSは「OS X」を採用し、アドレス帳の管理やSMSの作成、ブラウザによるサイトの閲覧やメールの送受信などが可能。

Iphone001S
Appleがついにスマートフォンの分野へ参入しました。名前は予想を裏切って「iPhone」となりました。
CISCOとの商標の絡みがありiPhoneにはならないと思われていたので、何らかの交渉があってiPhoneのネーミングになったのでしょう。
機能的にはiPod nanoに動画再生機能と携帯電話機能、フルブラウザ、カメラを搭載した物と言う感じです。ちなみにブラウザにはMac OS Xで標準の「safari」を搭載しています。また無線LANとBluetoothを搭載しているのでMacintoshとの同期やワイヤレスヘッドホンの利用も可能なようです。
操作は全て全面タッチパネルにて行ないます。文字の入力は画面上に仮想キーボードが出てくる形になっています。また電話をする時には仮想テンキーボードが出てきます。詳しい画面はEngadget Japaneseさんの「iPhone発表」に発表会で展示された画面ショットが掲載されていますのでそちらを見ていただくのが良いでしょう。
携帯電話の仕様としてはGSMですのでNTTDoCoMoかソフトバンクモバイルなら将来的に対応してくる可能性があります。ソフトバンクモバイルとAppleは提携しているのでソフトバンクモバイルから来年以降に出てくる可能性があります。
もしiPhoneが日本語化されて販売されることになれば私はすぐに飛びつくと思います。たとえ携帯キャリアがいまいち信用のおけないソフトバンクモバイルであっても私の要求する仕様のほとんどをiPhoneが満たしているのでスケジュール管理のために持ち歩いているCLIEなどの置き換えができて、個人的には幸せになれそうです。
あとは月々の支払額にさえ注意すれば良いだけですので、ソフトバンクモバイルならNTTDoCoMoよりは安価になるでしょう。でもフルブラウザ利用が定額なウィルコムに対応してもらうのが最も安価になりそうですが技術的に難しいでしょう。(EDGEにも対応していますがこれはウィルコムのAir-EDGEとは異なるものなのでウィルコムから出てくる可能性は非常に低いと思います)
「携帯電話を再発明する」とまで言い切った製品なので、かなり期待が出来そうです。
出来るだけ前倒しで日本語版iPhoneが出てくることを望みます。
関連リンク
ついに発表–アップルの携帯端末「iPhone」とは(CNET Japan)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。