gdgd神戸シリーズ

バックスの悪い癖が出てしまったな。
12/07
鮫 2 – 3 鹿 at 神戸
12/09
鮫 2 – 6 鹿 at 神戸
昨年まで準フランチャイズにしていた神戸ポートアイランドスケートセンターに中国シャークスを迎え撃っての神戸シリーズ。神戸は準フランチャイズ時代から負け無しとゲンのいい場所です。
ところが観客は金曜日夜が300人台、今日も700人弱と閑古鳥が鳴く有り様だったようです。
金曜日の試合は第1ピリオドに#91 波多野選手の連続ゴールで2点を挙げるも、第2ピリオドに点を取れなかった事から雲行きが怪しくなります。そして第3ピリオド10分過ぎに1点を失うとキルプレイに同点に追いつかれます。チャンスを生かせず得点できなかった事から相手に流れを奪われて最後は相手に押し込まれる嫌な展開です。
しかしその流れを断ち切ったのはまたもや#91 波多野選手。残り4分を切ってオーバータイムが頭をよぎる中、ハットトリックとなる3点目をゲット。この1点をゴーリー#1 橋本選手とディフェンス陣が守りきって勝ち点3をゲット。ただ橋本選手は味方のふがいないプレイに試合中からかなり切れていたようでした。
今日の試合は第1ピリオドに#15 三田選手が先制すると順調に得点を重ねます。そして第2ピリオドに#91 波多野選手のゴールで5点目を挙げて相手ゴーリーをノックアウトします。
ところが気が緩んだのか反則で一人少ないキルプレイから1点を失うとベンチが動きます。完封賞の可能性が無くなった#1 橋本選手に代わってルーキーゴーリー #30 川口選手が公式戦デビュー。1点こそ失いますが最後までゴールを守りきります。昨年の神戸でのこの試合でも同じような場面で#35 白鳥(洋)選手が出場したのと同じような展開でした。最後は 2 – 6 でスコア的にはバックス完勝でした。
まがりなりにも神戸シリーズは勝ち点6を挙げましたが試合内容的にはレベルの低い状態だったようです。この2試合はセルジオ越後SDがいなかった事や格下の相手をなめてかかっていたのか、相手に合わせてしまった試合をしてしまったようです。相手に合わせて受け身になってしまうのはバックスの悪い癖なので何とかしないといけないですね。精神的な強化も必要なのでしょう。
神戸シリーズのヒーローは何といっても#91 波多野選手でしょう。2試合で4ゴール、2アシストの大活躍。昨年までの神戸シリーズならMVPは表彰されて賞金があったので、スポンサーの撤退は残念ですね。
ちなみに今日勝った事で王子製紙に勝ち点で5位に並ぶ可能性もあったけど、王子はクレインズにオーバータイムでサヨナラゴールを決めたようなので5位浮上はならず。あとは国内勢にどれだけ勝てるかで順位を上げられる可能性が出てくるでしょう。逆にプレイオフ争いは眼下の敵シャークスから勝ち点6を奪ったので、あと勝ち点10でプレイオフ確定です。ほぼ安泰とは言え気を抜かずに上を目指して行きたいですね。
しかし観客動員も試合内容もグダグダでは来年は神戸撤退の可能性が高いなぁ。関西のバックスファンのためにも2試合は残しておきたいけど、経営面で見ればむずかしいかなぁ。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。