Firefox、バージョンアップ

2006年10月25日
Computer

オープンソースのWEBブラウザであるFirefoxがバージョン2.0にアップしました。
バージョンアップのポイントは使い勝手の向上とセキュリティの向上です。
私は日頃、RSSフィードの使いやすさなどの理由からMac OS Xの標準ブラウザである「Safari」を使用していますが、一部のJava scriptの互換性から閲覧できなかったりコメントなどのアクションが動作しないサイトがまれにあります。例えばYahoo! Blogのコメント欄や一部の銀行のオンラインバンキングがそうです。
その時にはサブのブラウザとしてFirefoxを利用することで閲覧できない事を回避しています。
WindowsでInternet Exproler(IE)を使っている人にはブラウザの互換問題など気にされた事のない方が多いと思いますが、依然Macは取り残される事が多いのです。こういう時にWinodwsでもMacintoshでもさらにLinuxでも同じ挙動を示してくれるFirefoxは必要不可欠なブラウザなのです。
本当はサイトの作り手がもう少しIE以外のブラウザにも気を使ってくれるとありがたいのですが、シェアの差からそうなる事は難しいようです。ならばユーザ側で対処するしかないので私にとってはFirefoxは使う頻度は少ないけど重要なブラウザであったりします。
IEはウイルスやフィッシングのターゲットにもされやすいので、一度Firefoxを使ってみてはいかがでしょうか。少し違った世界が垣間見られるかもしれません。
関連リンク:
mozilla-JAPAN

Pocket