二輪車用ETC、11月1日スタート

NIKKEI NETの記事スラッシュドットジャパンのタレコミによると今までテストモニタ中であった二輪車向けETC(自動料金支払いシステム)が11月1日よりスタートするようです。
スタートまでに販売されるETC機種はJRC(日本無線)の1機種と見られています。該当機種のプレスリリースではモニタ期間中の機種より小型化されておりバイクに搭載しやすい設計になっているようです。発売開始は10月25日で価格は税抜きで¥30,000.-で機械の取り付けの他にETCカードの準備などが必要です。
やっとバイクにETCが来ましたね。多少機器が割高には感じますが、これでハイウェイカード無き後の料金支払いの手間が省け割引の適用もありETCレーンも利用でき、車並の便利さが享受できます。
で、これを期に始めてもらいたいのが二輪車割引です。というのは現状では二輪車は全て軽自動車と同じ料金を支払っています。しかし積載容量や乗車人数を考えると軽自動車よりいくぶん料金が安くてもいいのではないかと思います。今までは軽自動車との見分けを付けるのが難しいというなんともな理由で軽自動車料金を支払っていましたが、ETCでは車と二輪車の区別は付けられるはずなので二輪車向けの価格設定を各高速道路会社にはお願いしたいと思います。
またバイクメーカにはETC設置用の空間を確保した車種の準備を初めて欲しいですね。できればビッグスクータなどではETC搭載済みもでるがあってもいいかもしれませんね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。