[es]のカスタマイズ(5):HTMLメールに対応する

[es]のカスタマイズ(5):HTMLメールに対応する

2007年2月16日
Mobile

久しぶりのW-ZERO3[es]のカスタマイズについてです。
以前に紹介しましたが私はパソコン宛に来たメールをW-ZERO3[es]に転送して、出先でもメールを読めるようにしています。ところがたまに(だいたいが宣伝絡みが多い)HTMLメールを送られてくる事が有ります。
先日発表されたWindows Mobile 6ではOS自体でHTMLメールに対応するのですが、現状のW-ZERO3[es]ではHTMLメールどころかマルチパートメールの正しい処理もできていません。
そんなW-ZERO3[es]のメール機能を補完してくれるツールが「W-ZERO3メール用HTMLビューアー」です。
使い方は簡単で、W-ZERO3メールで開いたメールがHTMLメールだった時に、スタートメニューから「W-ZERO3メール用HTMLビューアー」を起動するだけで開いているメールのHTMLを展開して表示してくれます。デフォルトでは外部リンクの画像のダウンロードもしてくれるので、画像が張り込まれたメールを見る事も可能です。(最新版では起動時に画像を表示しないようにする事も可能です)
HTMLのレンダリングエンジンがPocket IEベースのためHTMLの再現性は問題有りません。細かいところではボリュームキーをスクロール指定にしている場合でもスクロールが効かなかったり、マルチパートメールの時プレーンテキストパートはそのままテキストが表示されてしまうなど若干癖がありますが、HTMLが展開されるだけでもW-ZERO3メールの使い勝手が改善されます。
メルマガなどを購読していてHTMLメールを送り付けられて困っている方には非常に有効なツールだとおもいます。
関連リンク:
W-ZERO3メール用HTMLビューアー(W-ZERO3tool

Pocket