[es]と歩いた一ヶ月

我が家にW-ZERO3[es]が来て一ヶ月が経ちました。
[es]が来てから暮らしが少し変わりました。その変化を記しておきたいと思います。
まず変わったのはメールを見る頻度が多くなったことです。今までほとんどのメールをパソコンで受信してからPDAに移行してから手の空いたときに読むスタイルをとっていました。
それがWILLCOMのメールでリアルタイムに転送されてくることから、届いた時点でメールに目を通すことも多くなりメールにふれる頻度が増えたように思えます。
次に変わったのがブログを外で書いてエントリする事が増えたことです。今までは思いついたアイデアをパソコンに向かってから書き記すことが大半でしたが、今は思いついたら即メーラに文書を書きモブログする事でエントリができます。文章を推敲するという意味では一度パソコンに向かった方が良いのでしょうが写真付きモブログなど即時性があると良い場合にも十分に対応できるので非常に便利になりました。
最後に、これは不便になった点ですが京ぽんと[es]を両方持ち歩かなければいけないので荷物がわずかながら増えました。ブラウザや電話機としての機能は京ぽんの方に一日の長があるのと電話番号をまだ通知していないので2台持ちが必須になっています。
電池の持ちやカメラの性能、メールのもっさり感などまだまだ改善してほしいところはいくつかありますが、それでも私にとって[es]は無くてはならない存在になりつつあるので、これからも一緒に持ち歩いて行くガジェットの一つになりそうです。
—————–
sent from W-ZERO3

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。