docomoが負けてSoftBankが勝った訳

たぶんdocomoのトップはiPhoneを見た事がないのだろう(笑)。


ケータイWatchの『ドコモ株主総会、iPhone発売の可能性を引き続き検討へ』より

辻村清行取締役常務執行役員が回答。「iPhoneは、ユーザーインターフェイス方式にタッチパネルを採用しており、それが魅力であり、一定のアップルファンには訴求力がある。NTTドコモとしても、検討し、取り組んできたが、iPhoneの一番の特徴である全面タッチパネル方式の端末は、すでにLGのプラダフォン、シャープのSH906iという形で投入しており、十分に対抗していけると考えている。また、タッチパネル端末を増やしていきたいとも考えている。アップルとの交渉内容については、アップルと秘密保持契約を結んでいるため、回答を控える。今後もiPhoneの動向を注視するとともに、ドコモからのiPhone発売の可能性を追求していきたい」とした。

あーあ、全然判ってないな、このdocomoの役員。これじゃiPhone売る資格無いし、Softbankに負けるわけだよ。

だってiPhoneの魅力はカスタマイズ性やブラウザの再現力、PCとのデータ連携性の高さ、デザイン、音楽/動画プレーヤーの性能などいくつもあるんだよ。それがただの操作性の違いにしか見えないなんて、全然何もわかってないんじゃん。

もしiPhoneをdocomoが売ることになっていたら、これだけ製品が理解できていないのだから多分まともなサポートは期待できなかっただろうね。トップ自ら製品の魅力に気がついてジョブズのもとへトップ交渉して販売権を得たSoftBankと大違いだわ。正直、自分たちが販売しようという製品が理解できていなくて商品への愛情が感じられないdocomoはiPhone扱わなくていいよ。

docomoがiPhoneを販売しなくて、日本のiPhoneユーザは幸せなのかもしれない。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。