巨人DoCoMoが一人負け

巨人DoCoMoが一人負け

2007年2月7日
Mobile

日経IT Proの『携帯・PHSが1億契約突破,ドコモ実質減でソフトバンクは16万増』より

電気通信事業者協会(TCA)は2月7日,2007年1月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した(関連記事1,関連記事2)。携帯とPHSを合わせた契約数は1億22万4500となり,ついに1億の大台を突破した。各社の契約数は,KDDIおよび沖縄セルラー電話が20万8400の純増で引き続き好調。ソフトバンクモバイルがこれに続き16万4000増とKDDIに迫る勢いを見せた。
一方でNTTドコモは不振。かろうじて契約数は7000増と純増を維持したが,内訳を見ると機器などに組み込む通信モジュールの契約数が3万1900純増した。つまり音声やインターネット接続サービスといった通常の携帯電話の用途では実質的には純減したことになる。

昨日、日本の携帯電話の問題点をエントリに上げたのですが、そのエントリを見たかのような利用者動向が発表されました。
本日発表になった電気通信事業者協会の契約数の動向で、auやソフトバンクモバイル、ウィルコムは増加であったのにNTT DoCoMoだけが純減と言う結果になりました。
顧客満足度の高いau、低価格路線で訴えるソフトバンクモバイル、24時間通話定額とモバイル通信への強みでPHSの生き残りをかけるウィルコムの3社に対し、特に大きな施策を打たず受けて立ったNTT DoCoMo。その結果が一人負けと言う結果になりました。巨人の牙城が崩れてきたと言っても過言ではないでしょう。
この結果を見て巨人DoCoMoが何らかの施策を打ってくるのか、それとも純減やむなしで動きを見せないのでしょうか。
私としては価格やサービスの向上など利用者に判りやすい形で対抗して欲しいと思うのですが…。

Pocket