DoCoMoのフルブラウザ定額は利用価値に疑問

一昨日ににエントリしたNTT DoCoMoのフルブラウザ定額が正式に発表されました。
ケータイWatchの『ドコモ、フルブラウザも定額利用「パケ・ホーダイフル」』より

NTTドコモは、新たなパケット定額サービスとして、FOMA対応の音声端末からフルブラウザを利用するユーザー向けの「パケ・ホーダイフル」と、一部機種で利用できる「Biz・ホーダイ」を発表した。

詳しい内容はリンク先かプレスリリースを読んでもらいたいのですが、単純にまとめると以下のようになります。

  • 通常のiモードが定額になる「パケ・ホーダイ」はそのまま継続
  • iモード+フルブラウザが定額になる「パケ・ホーダイフル」が¥5,985.-/月で新たに提供
  • スマートフォン向けにiモードとPC接続通信を除くパケット通信が定額になる「Biz・ホーダイ」を¥5,985.-/月で新たに提供
  • 「パケ・ホーダイフル」と「Biz・ホーダイ」は同時契約不可
  • PHSで行なっている@Freedの代替サービスは秋頃に発表予定

と、いうことでいかなるパケットも定額になるサービスは提供されませんでした。
これはモバイラーにとってはおいしくとも何ともない内容です。
その理由は以下の3つです。

  • 通常のiモード端末とスマートフォンを1回線で共有した場合定額にならない
  • PC接続定額がない
  • auやソフトバンクモバイルより月額費用が割高

まるでフルブラウザを使わせたくないような料金設定と言ってもよいでしょう。
もしNTT DoCoMoがフルブラウザを本当に使って欲しくないのならば一般向け端末にフルブラウザ自体を搭載することを止めるか設定でフルブラウザを使用禁止に出来るモードを付けたほうが誤使用も防げますし、帯域も圧迫しないので互いにメリットがあると思います。
これではauやソフトバンクモバイルへユーザが流出するのも当然と思います。
コンテンツとエリアの広さにあぐらをかいた殿様商売に見えてなりません。
ヘビーなモバイラーは安価なウィルコムか裏技的利用でソフトバンクモバイルを利用するしかないのかもしれません。
今回の発表にはがっかりでした。
参考リンク:NTT DoCoMoプレスリリース
2/2 追記
Biz・ホーダイは専用アプリケーションを通じて通信する(一種のプロキシソフト?)らしく対応機種以外では使用できないようです。そのためNOKIA E61などでは利用できないようです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。