DoCoMoが本当にフルブラウザ定額を始めるのなら…

携帯・モバイル情報では有名なmemn0ck.comさんところの記事で知ったのですが、日本経済新聞の記事ではこの3月にもNTT DoCoMoが現在は従量制課金となっているフルブラウザでのインターネット閲覧を定額制にすると言うことです。
この手の記事は何度か耳にしましたがNTT DoCoMoは今まで回線帯域への負荷が大きいと言うことで否定してきました。もし今回の記事が本当であればユーザにとっては嬉しいことです。
フルブラウザへの定額制はau、ソフトバンクモバイル、ウィルコムは既に始めており特にウィルコムのAH-3001K(通称京ぽん)はフルブラウザ内蔵端末のはしりと言って良い端末で、これが売れたことでウィルコムの経営にも多大な影響があったのは事実です。NTT DoCoMoだけがフルブラウザへの定額をやっていないことでauやソフトバンクモバイルにMNPで移動されたり、ウィルコムとの併用をしている人も結構います。DoCoMoとしてはユーザ引き留め策のためにはやるざるを得ないと決断したのであればモバイルユーザには大歓迎です。
しかしまだまだ価格や性能が出るのか未知数なところもあります。また個人向け端末ではフルブラウザでのサイトの再現性も良くなく単にインターネットを見るための高額なプランとなってしまうことも考えられます。ぜひここはブラウザの性能向上とスマートフォンの発売を検討してもらいたいと思います。
法人向けとして販売しているBlackBerryやNokiaのE61(先日ソフトバンクモバイルがX01NKとして発表した機種)かその後継であるE61iを販売するだけでもモバイルユーザの見る目は違ってくると思います。もしE61iの日本語版がDoCoMoから発売されたなら私はすぐに飛びつくでしょうね。
また高速なインフラを使ってパソコン接続を安価に行ないたいと言う要望にも応えるためフルブラウザを定額にするのならパソコンでのパケット接続も定額範囲に含めて欲しいと思います。そうすれば現在法人以外ほとんど売れていないデータ通信カードも売れることでしょう。
どちらにせよまだ正式に発表があったわけではないので、期待しつつ静観するしかないでしょう。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。