DoCoMoの定額プランは期待外れ

ちなみにソフトバンクモバイルは追従値下げしないんだって。
ケータイWatchの『ドコモ、最大10,500円でPC向けの定額データプラン』より

NTTドコモは、月額4,200円〜10,500円で、下り最大3.6Mbpsという通信速度でのデータ通信が利用できる新料金プラン「定額データプランHIGH-SPEED」を10月22日に開始する。同社では従来のPHS定額データ通信「@FreeD」の代替となる64kbpsの定額データ通信サービスも同日より提供する。

NTT DoCoMoがパソコン向けに高速データ通信プラン「定額データプラン HIGH-SPEED」の提供を開始します。
HSDPAを使って最大3.6Mbpsの通信が利用できるプランです。
でもハッキリ言って期待外れの定額プランです。
期待外れなポイントは大きく3つです。

事実上、新規に回線の契約が必要

今回の定額はオプションではなく新しい料金プランです。
しかも音声通話や他の割引オプションとの併用やiモード契約とも併用できないので、完全にパソコン接続専用のプランです。ということは既存の通話用にDoCoMoの携帯を使っていても別途に新規契約が必要という事になります。つまり必ず携帯電話との2台持ちプランという事になります。ウィルコムの端末のように既存音声端末をモデムとして使って契約を一本化するような事は出来ません。

値段が安くない

定額とは言いつつ、実際には無料通信分を含んだ上限料金付き従量制なのですが上限まで使うと1万円を超えてしまいます。しかも現状ではこのプランを使用するにはDoCoMoが提供するプロパイダ「mopera 」を利用しなければならず実際の上限料金は¥11,340.-となります。イー・モバイルのように月¥5,980.-で使い放題のような安価で分かりやすいプランではありません。

サービスに制限がある

これが一番の問題だと思うのですが、FTPでのファイル転送やオンラインゲーム、P2P通信、Windows Media Playerでの動画通信など利用できないサービスがあります。メールとウェブブラウジングぐらいしか出来ない仕様です。これではモバイル環境でネットをバリバリ使うようなことはお断りといっているようなものです。
実際問題としてHSDPAで高速通信が可能なエリアはDoCoMoといえども主要都市圏の一部だけです。これなら広い通話エリアを誇るDoCoMoといえども地方では高速通信の恩恵は受けにくいわけです。でも主要都市圏ではイー・モバイルが安価なサービスを提供しているので価格差がありすぎてDoCoMoを選択するメリットはないでしょう。
今回同時にPHSでの通信サービス「@Freed」を引き継ぐ形で64Kbpsでの通信サービスも月¥4,200.-で提供されます。ただこちらも新規契約が必要で接続先もDoCoMoに限られるので、あまりメリットはありません。強いてあげるならウィルコムのエリア外でDoCoMoしか使えない人のためのプランでしょう。
どうみてもDoCoMoはデータ通信はやりたくないのが見え見えですね。
こんなところからiPhoneが出るのならちょっと勘弁して欲しいなぁ。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。