羨望のD700

使ってみたい一台。


デジカメWatchの『ニコン、フルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフ「D700」 』より。

ニコンは、フルサイズの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ「D700」を25日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、ボディのみが33万円前後、「AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6 G (IF)」が付属するレンズキットが40万円強の見込み。

ニコンが新しいデジタル一眼レフカメラ「D700」を発表しました。セールスポイントは35mmフルサイズセンサーを搭載しながら、レンズ込みで40万円の価格の低価格で発売してきた事です。

フルサイズセンサーとは、今までのカメラで使われてきた銀塩フィルム(35mmフィルム)と同じサイズのセンサーです。従来の一眼デジカメでは、だいたい2/3サイズのセンサーを使っていました。小さいセンサーを使うと小型化や低価格は実現できますが、センサーが受ける光の量に限界があり露出のコントロールに制約が出たり、レンズの撮影距離が3/2倍になり望遠方向の撮影には向きますが広角方向の撮影に向かないといった欠点がありました。

しかしこのD700を使えば、今までの銀塩フィルムと同じ感覚で撮影をすることが出来ます。被写体の前後をぼかしたり、17mmとか14mmといった趙広角レンズを使ったパノラミックな写真も撮影可能です。これで写真での表現が撮影者の意図でもっと自由にコントロールできます。

フルサイズセンサーを搭載したデジカメは、ニコンの「D3」をはじめプロ用スペックのフラッグシップ一眼レフに搭載されはじめたばかりですが、最高スペックを搭載しているだけあって、高価でしかも重量感のある機種ばかりでした。たとえばニコンの「D3」では本体だけで店頭価格で58万円ぐらいします。それが一気に25万円近く下がったのですから、フルサイズセンサー搭載機を欲しい人にはお買い得のカメラです。

ただ値段が下がった分、連写性能が秒当たり5枚であったり、ファインダー視野角が95%とD3に比べて劣る部分もあります。でもハイエンドアマチュアカメラマンには使ってみたいカメラの一つだと思います。あと銀塩フィルム派の人がデジカメに移行するには最適のカメラだと思います。

個人的には、今はとても買えないけどいつの日か手にしてみたいそんなカメラが「D700」です。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。