D’(ディーダッシュ)

iZaの『増える「D’」な人々 気分変調も鬱病でない』より

メンタルヘルスへの社会的関心が高まるなか、従来の鬱病(うつびょう)とは異なる患者が増えているという。クリニックや総合病院などで約10年間、診療現場にいる精神科医の備瀬(びせ)哲弘さん(35)は、そんな患者への処方箋(せん)として、『D’(ディーダッシュ)な人々』(マキノ出版)を執筆した。(村田雅裕)
備瀬さんは「今の30代、もしくは昭和40年~50年生まれの世代に、ここ5~6年、未熟性鬱病、軽症鬱病患者が増えていると思います」と指摘する。

「D’(ディーダッシュ)」とはどうも鬱病と似た症状を訴えるけど原因が鬱とは違うところに起因している人をさす造語のようです。
この記事を読んで、自分は鬱病と「D’」の中間のような気がしています。
そもそも自分は鬱の自覚がなくて、偏頭痛や過眠などの症状から会社から一度病院で診てもらったらと勧められて、心療内科に行ったら今の主治医から「あなたみたいな人がそのまま仕事していると電車に飛び込んじゃうんだよ。すぐに休みなさい」と言われて長期戦線離脱に至っています。
ただ仕事にストレスを感じていなかったので、自分でも未だに何故身体が言う事を利いてくれないかよくわかりません。
朝起きられない事に対する言い訳に「鬱病」を使っているだけなのかな、と元記事を読んで思いました。だとすると「D’」な人となんら変わりはないのかなと言う気もしています。
そろそろ残された時間がなくなってきています。
鬱病は追いつめてはいけないとよく聞きますが、社会復帰するためには背水の陣を引いたほうが、今の自分には良いのかもしれません。
今はとにかく「頼むから身体よ、動いてくれ」と自分に言い聞かせるしかありません。
たとえ薬漬けになっても身体が動いてくれるなら、それでいいです。
悪魔に魂を売って社会復帰できるのならそれでもかまいません。
何とか早くこの泥沼から抜け出したい…。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。