COOLPIX P80

物欲的には微妙なスペック。


デジカメWatchの『ニコン、18倍ズームで世界最小ボディの「COOLPIX P80」 』より

ニコンは、光学18倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P80」を25日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5万円前後の見込み。

NiKONのラインナップからしばらく消えていた高倍率ズームデジカメが復活しました。

顔認識オートフォーカスや1020メガピクセルなど最近のコンシューマデジカメで流行りの機能の他に、解像度を落とす代わりに高速連写可能な「スポーツ連写」など独自の機能も搭載していてニコンらしい仕上がりになっています。

ただ個人的にはテレ側は300mmぐらいでよかったので広角側を27mmではなく24mmとか18mmにしたほうが良いような気がします。どうもニコンはコンシューマデジカメには広角側は足らないような傾向があります。それと従来の高倍率ズームデジカメに搭載されていたフリーアングルモニタが無くなったのはちょっと残念です。

でもスペック的には私の持っている一眼レフデジカメ(Nikon D70)より上ですから、ちょっと気になるカメラですね。
宝くじにでも当たれば買ってしまうかも(笑)

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。