COOLPIX P5000は魅力的

2007年2月20日
Camera

デジカメWatchの『ニコン、1,000万画素のハイエンド・コンパクト「COOLPIX P5000」』より

ニコンは、マニュアル撮影対応の1,000万画素コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P5000」を3月16日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万5,000円前後の見込み。カラーはブラックとシルバーを用意する。ともに本体前側カバーにはマグネシウム合金を採用した。

ニコンが春のコンパクトデジカメシリーズの発表を行ないました。その中でハイエンドモデルの「COOLPIX P5000」に魅力を感じています。
P 01
絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアルモードを備えているので自分の思ったような露出意図での撮影が可能です。また外部アクセサリシューを備えているので外付けのストロボが接続可能なため光量を上げる事も可能です。まるで一眼レフのような機能を持ったデジカメです。
それでいて手ブレ補正や顔認識ピント合わせ、ベストショットセレクタなどコンパクトデジカメのお手軽撮影機能も有しています。
画質も1,000万画素と高く、ISO増感も3200まで可能です。
ズーム倍率は36mm〜126mmの3.5倍ズームで倍率はさほど高く有りませんが実用的な範囲でしょう。またオプションで24mmワイドコンバージョンレンズが装着可能です。
一眼レフとコンパクトデジカメのいいとこ取りをしたようなデジカメがCOOLPIX P5000といえるでしょう。今までのデジカメでは機能に限界を感じていた人や一眼レフデジカメのサブに持ち歩くにはいい機種ではないでしょうか。
私もサブカメラとしてちょっと食指が動きそうなカメラです。

Pocket