気になるカメラ「Caplio GX100」

デジカメWatchの『リコー、24mmからのズームと手ブレ補正機構搭載の「Caplio GX100」』より

リコーは、24mm対応ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「Caplio GX100」を4月20日に発売する。価格はオープンプライス、店頭予想価格は8万円前後の見込み。
Caplio GX100は、撮像素子に1/1.75型有効1,001万画素CCD、レンズに35mm判換算で24〜72mm、F2.5〜4.4の3倍ズームレンズ、2.5型約23万画素液晶モニターなどを搭載する。記録メディアはSDHC/SDメモリーカード、MMC、26MBの内蔵メモリ。記録方式はJPEGとRAW(DNG)。最大記録画素数は3,648×2,736ピクセル。大きさは111.6×25×58mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約220g(本体のみ)。

PIEには展示ブースを設けなかったリコーが新しいデジカメを発表しました。
Rigx100As
スペックを見る限りでは普通のハイエンドコンパクトデジカメのようですが、デザインを見ると判る人には期待してしまう要素がいっぱいのデジカメです。


外観を見るとリコーの単焦点デジカメ「GR Digital」そっくりです。
そのうえレンズスペックは24mmから始まる3倍ズームで、まるでGR Digitalをズームレンズ化したようなスペックです。
またホットシューにビューファインダを取り付けることが出来るのでファインダを覗く形での撮影も可能です。パララックス(ファインダとレンズ位置の差による見た目と写した領域の差が出ること)もなく、視野率(レンズに写ったものがファインダに見える割合)も100%と完璧なファインダです。
Rigxesビューファインダ取り付け状態
価格はオープンプライスですが店頭で8万円程度で発売されるようです。価格やデザインから相当高い写りを期待してしまいます。
まだ撮影画像は公開されていないのですが、収差の少ないレンズを使っているのではないでしょうか。
私の使用用途ではテレ側(望遠側撮影領域)が短いのが少し不満ですが、GR Digitalの不満である焦点距離やファインダが別売りでパララックスがあったことなどの不満は全て解消されています。
ちょっと高価ですが手にしてみたいカメラです。
関連リンク:Caplio GX100 製品ページ

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。