ボーダフォン、Appleと提携しiPod Phoneを発売か?

日経IT+によるとソフトバンクとApple Computerが携帯電話分野での提携を発表しました。これによりボーダフォンからiTMS(ITunes Music Store)との連携が可能な携帯電話(IPod phone?)が発売される可能性が高くなってきました。
以前にも「ソフトバンクフォンからiPod Phoneが出るのか?」というエントリをあげてAppleのジョブズCEOと極秘のうちに接触した事は伝えていましたが、正式に提携が発表された事でiPod Phoneの可能性は高くなってきましたね。
さすがに孫社長の動きは速いです。
経営者として決断したあとの動きは速くてぶれがなくしっかりしていると思います。
さて、ユーザ側から見るとどのような形でiPodやiTMSとの連携を図った端末が出るのか楽しみです。
単純に着うたフルのようにダウンロードサービスを展開するだけではなくiPod nanoクラスの機能は搭載してくることを期待します。当然パソコン側のiTunesと連携もできて当たり前にして欲しいですね。
でもこれで他の音楽配信サービス業者やキャリアには驚異でしょうね。特にauのLISMOあたりとはサービス内容はほぼ同じで楽曲数や機能は負けるわけですから相当な痛手を被るのではないかと思われます。
私個人はフルブラウザ利用時のコストからWillcomから離れにくいのと、動画参照もするのでiPod Movieから移行する予定はないのですが、動画まで含めてiPod Phoneで対応できるのなら検討の余地は充分にあります。
実際に出てくる端末が非常に見物です。
追記:Appleの日本法人は情報未確認という事でノーコメントみたいですね。本社直なんでしょうね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。