[`evernote` not found]
Pocket

突然ですが、会社を辞めてフリーのエンジニアとして個人事業主を始める事にしました。

正直、勝算といったようなものは有りません。

ただお世話になった人などから、いろいろなお話をいただいています。とてもありがたい事です。

とりあえず小さな事でも実績を積み重ねて、土台を固めたいと思っています。

思い立った理由とかは、もう少し時間が経ってからお話しましょうかね…

[`evernote` not found]
Pocket

これでオイラも失業者・・・というわけではないらしい


前に居た会社から書類が届いたので、手続をしにハローワークへ行って来た。
0807101853_320x240.jpg
中に入って受付のお姉さんに教えてもらって待ち合いスペースへ。
5分ほど待たされて、窓口からお呼びがかかった。まずは手続の方法と必要なものの確認から。私の場合は、会社から送られて来た書類に事前に準備する物の説明書きが入っていたので、記入洩れのチェック程度で済んだ。そのあとは今日の手続の説明を受けた後、別フロアの失業給付認定窓口へ。
認定窓口では別のお兄さんが失業給付(俗に言う失業保険の事)の簡単な説明をしてくれた。
それによると今日から一週間は本当に失業しているかの見極め期間なんだそうだ。だから見極めの間は就職活動はしていいけど、アルバイトなんかは絶対ダメらしい。で、見極めが終わるとはじめて「失業者」として認められるらしい。
ところが自己都合による退職の場合はさらに規定が有って最低3ヵ月間は失業給付はもらえないのだ。なんらかのお金が振り込まれるのは、実際には10月末ぐらいになるらしい。
もともと失業給付はあんまりあてにはしてなくて、どちらかというと失業認定が欲しい。失業認定を受けていれば、職業訓練を受ける事が出来るので手当をもらいながら勉強して実力をあげる事も出来る。もちろんいい仕事が見つかれば働きたいのは山々だけどね。
これから何度もお世話になる事になるけど、少しでも早くハローワークからは卒業したいな。

[`evernote` not found]
Pocket

世間的には1月7日のところが多いんかなぁ。
昨日はうちの会社の仕事初めやった。
昔は仕事初めの日は周りに挨拶をした後、偉い人の話を聞いて、酒と軽食が振る舞われてお昼ぐらいには解散で、みんなで今年の業績向上を願って初詣でに行くなんていう感じだったけど、いつの頃からか挨拶以外は普通に仕事をする普通の日になっていたね。
だから昔は振り袖姿の女性社員というのもよく見かけたもんやけど、今では見かけへんね。
で、私も昨日は普通に仕事をしてた。
社会復帰して初めての長い休みでリズムを崩さないか心配していたけど、割とすんなり仕事に入り込めた。
たぶんその理由は違ったのは朝の通勤がめちゃくちゃ楽やった事やと思う。
各駅停車はガラガラで座って新宿へ行けたし、混雑による列車の遅れもなかったからいつもの列車なのに3分ぐらい早く着いた。新宿駅も混雑がなくて乗換もスムーズだった。
帰りは、初日からみんな残業をしたくなかったからやろうけど結構混んでいたけどね。
週明けからは社会も動き出すから、仕事も本格的に動き出す。
身体をうまく仕事に戻していくのに、1日だけ出勤というのは以外とよかったのかもしんない。
ちょうどリハビリみたいなもんかな。
やっぱりなんでも初日というのは肝心やね。

[`evernote` not found]
Pocket

社会復帰して3日目。
痴漢に台風という2つのアクシデントを乗り越えて今週を乗り越える事が出来ました。
まぁアクシデントが変な緊張をほぐしてくれた面はあったでしょう。
私的には復帰2日目がすごく心配やった。
というのは初日は当然気構えているし気を張っていたのできちんと出社するのはそんなに難しくはないと思ってました。
でも初日がうまくいったという安堵感や初日の緊張による疲れからその反動が2日目に来るのがとても怖かったんです。
しかし鬼門に思えた2日目を無難にすごし、3日目はやっと職場の周りを見渡す余裕が出てきた感じ。
ここで週末を迎えて一息つけるのは、気持ち的にも身体的にも無理がなくてよかったのかも。
リハビリ期間中はミスを恐れて外出も控えていたので、ストレスを発散することはあまりありませんでした。
まぁそれがいい意味で緊張感になっていたのは確かです。
ただ疲労感を感じていたのも事実です。
でもこの週末は少しだけ発散してこようと思ってます。
もちろん来週からは本格的に仕事を毎日こなしてゆくので、それには影響のでないように自制をもって弾けてきたいと思います。
明日は台風一過で天気も良くなるようなので、心弾ませながら寝床につきます。
それにしても今日の風呂上がりのミネラルウォーターはおいしかった!