Flush Memory iPodは出るのか

CNET JAPANの『アップル、「iPod」全機種でフラッシュメモリ搭載を検討か–アナリストが予測』より

Prudential Equity GroupのアナリストJesse Tortora氏のレポートによると、Appleは、2007年末までに「iPod」全機種の記憶装置をフラッシュメモリにする計画を進めている可能性があるという。
Tortora氏のレポートは、米国時間2月7日のAppleInsiderで紹介された。「iPod nano」と「iPod shuffle」はすでにフラッシュメモリを搭載しているが、Appleは製品の仕様変更の一環として、ビデオiPodにもフラッシュメモリを採用するのではないか、とTortora氏は考えている。

アナリストをはじめ方々で次期iPodはnanoやShuffleと同じようにフラッシュメモリを搭載するのではないかと噂されています。
なぜiPodをフラッシュメモリにしたいのか。それには当然メリットとデメリットが有りAppleはメリットが多いと判断したからではないでしょうか。ではそのメリットとデメリットを比較してみます。
メリット

  • 軽量
  • 可動部分がなく故障が減る
  • 小型化や薄型化が可能
  • 電力消費が少ない

デメリット

  • 高価
  • 量産が大変
  • 大容量化が大変
  • 書き換え回数に上限がある

つまりコストや製品の供給量に問題はあるが、製品の品質でのメリットが大きいとAppleは判断したのでしょう。
私もVIDEO iPod(5G)を利用していますが、動画を見ていると2時間30分ぐらいでローバッテリーの警告が出始めるので例えば東京から大阪への新幹線車中でバッテリーをほぼ消費しきってしまいます。現行モデルでは若干電力消費が改善されていますが、これがフラッシュメモリ化すると倍近い5時間30分も動画が観賞できるのです。しかも薄型化や小型化が図れるのなら採用する可能性は充分にあると思います。
あとは製品の安定供給が問題となるので充分に製品の準備をしてから、一気に発売と言う流れになるのではないかと思います。ですのでもしフラッシュ型VIDEO iPodが発売されるなら今年の秋ぐらいに発表して冬のクリスマス商戦に向けて出荷するのではと思います。
個人的にはこの時にユーザインタフェスを一新して「iPhone」のように全画面で表示も操作するようになれば良いなと思います。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。