[`evernote` not found]
Pocket

ということはオイラはミャンマー辺りに引っ越すのがいいのか(笑)


以前に測定していた体の睡眠リズムの解析結果が判りました。

どうも私の体は普通の人に比べて体内時計が2時間30分ずれているそうです。

わかりやすく言うと午前0時に寝ているつもりが体内時計では午後9時30分で朝6時30分に起きているのが体内時計では午前4時なのだそうです。道理で午後9時30分には眠くならないし、朝4時なら眠い訳です。

医者から聞いた話では、普通の人の場合、体内時計は1日がほぼ25時間なんだそうです。でも地球の1日24時間にあわせるために、体内時計は陽を浴びることで1時間の補正を行うらしいです。

ところが私の場合は朝起きて陽を浴びることで逆に体内時計が狂ってゆくのです。

体内時計の補正の仕組みは、1日の体温が最も下がる起床2時間前から最初に光を浴びたときを朝としてリズムを刻むことでズレを調節しているのだそうです。

けど2時間30分ずれた私の体は、体温が最も下がる前に陽を浴びてしまうためもっと起きる時間を遅くするようにしようと、逆方向の補正を行ってしまっているらしいのです。

で、医師曰く「海外旅行のような短期間で起きたずれなら体内時計の補正力で元に戻るけど、あなたの場合はもう元に戻らないかもしれない」とのことです。

つまり

一生、睡眠障害に悩まされ続けなければいけない orz..

かもしれないらしい。

とりあえず治療はつづけますが、医師の宣告は正直ショックでした。

もう日本ではマトモに暮らせないのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation