ディズニーケータイ、日本参入

日本上陸と同時にアメリカではサービス中止なんですけどね。
GIGAZINEの『ディズニー、ソフトバンクモバイルの通信網で日本の携帯電話事業へ参入』より

各方面で速報として報道されていますが、あのディズニーがソフトバンクモバイルの携帯電話網と販売店網を使い、日本の携帯電話市場に参入するとのこと。端末もディズニー専用の端末をソフトバンクモバイルと共同開発して販売する方針。

以前から噂には上っていたディズニーの携帯事業の参入がソフトバンクモバイルと提携して行われる事になりました。
それも単純にディズニーのデザインが入った携帯電話を販売する形では無く、回線そのものをディズニーに貸し出してディズニーが独自に価格やサービスを決めて提供します。つまり5番目の携帯キャリアが生まれる形になります。
こういうサービスはMVNO(仮想移動体通信事業者)といわれて、今まで日本ではウィルコムの通信網を利用して通信事業を展開する企業はあったのですが携帯電話では初めてです。今までは既存のキャリアが回線貸し出しに消極的だったのですが、総務省からの指導などや、そろそろ国民のほとんどが携帯電話を持つ状況となり市場が飽和状態に近づきつつあるため、新たな収益源を求めるために回線貸し出しをはじめる状況に向かいつつあります。
端末もディズニ独自のモデルが用意されるようですし、動画配信などでディズニーの作品がケータイで鑑賞できるサービスなんかも計画しているようです。当面販売や契約の窓口はソフトバンクモバイルの販売網を利用するようですのでソフトバンクモバイルの側にとってもイメージアップとある程度決まった収益が見込めるので、上手いやり方だなと思います。
心配なのはソフトバンクモバイルのバックボーンが充分に確保できるかですね。音声とメールぐらいは大丈夫でしょうが動画配信はどこまで可能なのかと既存のソフトバンクモバイル網に影響が出ないかがキーポイントになりそうです。
でもディズニーファンは多いと思いますので、東京ディズニーリゾート内で専用電話として販売するとファンは飛びついてきそうな気がします。
おもしろい試みなので成功して、いろんなブランドでのキャリアサービスが増えて利用者がキャリア選択を楽しめるような状況になるといいですね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。