確かに安いわ

確かに6ヶ月連続純増なのもうなずける。
asahi.comの『ソフトバンク、6カ月連続トップ 携帯契約の純増数』より

携帯電話各社は7日、新規契約から解約を差し引いた10月の契約純増数を発表した。ソフトバンクモバイルが15万8600件増と6カ月連続で首位。KDDI(auとツーカーの合計)は13万3800件増、NTTドコモは3万9100件増だった。

NOKIAの端末を入手してソフトバンクモバイルと契約してから1ヶ月が過ぎ、利用料金の請求額が確定しました。
請求内容を見て「おっ!」と思いました。
Sbm Seikyu
見ての通り、請求額が¥1,500.-を切っているのです。
いろいろな割引サービスを駆使した金額ですのですが、思ったより安いです。
正直ウィルコムより安くなるのには驚きました。
これなら確かに使い方さえ誤らなければ安く維持できそうです。
ただウィルコムの場合は音声も通信も定額の契約をすると本当にその料金しか請求されません。
しかしソフトバンクモバイルの場合パケット通信に関しては制約事項があり、制約からはずれた通信(非標準のアプリケーションから発生する通信など)を行なうと「パケットし放題」の契約であっても青天井で請求が来る事になっています。このあたりは使い方に注意を払いながら通信をしなければいけないので、自由さに欠けちょっとストレスに感じます。このあたりは利用量に比べバックボーンの増強が追いついていないからとパケット通信を無尽蔵に使って欲しくない本音が見え隠れするところですね。
また音声がPHSに比べて圧縮率が高いせいもあり、明瞭に聞こえるわけでは無く「モゴモゴ」した感じだったのが個人的には気になりますね。ただこのモゴモゴが端末(705NK)の特性なのかソフトバンクモバイルの回線のせいなのかはわかりません。
今月の請求でソフトバンクモバイルは上手に使えば安価に利用できる事が理解できました。
でも音質や利用制限がある事から端末の機能は高くてもメイン端末にはならないですね。せっかくスマートフォンをたくさん出しているキャリアですので完全パケット定額を安価に提供してくれれば、さらにユーザは伸びると思います。
ソフトバンクモバイルは今後に期待できるキャリアですね。ちょっと見識を改めました。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。