神様は天に召された

全盛期を生で見た事はないけど、そのすごさは弟子たちを見ていればようわかるなぁ。
nikkansports.comの『「プロレスの神様」カール・ゴッチ氏死去』より

「プロレスの神様」とうたわれたカール・ゴッチさんが28日(日本時間29日)、米国フロリダ州タンパの自宅で死去した。死因は肺炎とみられている。82歳だった。ゴッチさんは61年4月、日本プロレスのワールド・リーグ戦で初来日。自ら編み出したジャーマン・スープレックス(原爆固め)を日本に広め、アントニオ猪木、藤波辰爾らを輩出するなど、日本プロレス界の「育ての親」だった。生前も無我ワールドの名誉顧問を務め、日本プロレス界の発展に尽力していた。

わたしがプロレスを見はじめたときには、ゴッチさん(とあえてそう呼ばせていただく)は既に引退して指南役としての姿とわずかに残る現役時代の映像でしか見る事はなかった。
個人的にはUWFの最高顧問であり、前田日明の師匠としての印象がものすごく強い。
実際には日本のプロレス全体の師匠であり顧問であるといってもよい人なんやけど、なぜかそうおもってしまう。
日本のプロレスの「強さ」はゴッチさんが育て上げたといっても過言やないやろうね。
今はプロレスにエンターテイメント性を求められる事が多いけど、やっぱり強さあってのプロレスやと思う。
神様にはどうか天の上から日本のプロレスを見つめていて欲しいと思う。
合掌。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。