出るか8コアMacintosh

2007年3月14日

CNET JAPANの『デュアル4コア「Mac Pro」登場か英アップルのサイトに謎の広告』より

英国時間3月12日夜、英国Appleのサイトに、同社のデスクトップの処理能力がパワーアップすることをうかがわせる広告が一瞬だけ掲載された。
同サイトは当初、「4コアおよび8コアの処理能力を実現」とうたう宣伝文句を、問題の「Mac Pro」につけていた。
当該の広告はすでに削除されているが、ZDNetが保存した画面ショットで様子を確認できる。

昨日、あちこちのMacintosh関連掲示板などで話題になっていましたが、イギリスのApple Storeに現行製品にはない「8コア」のMacProの製品広告が一瞬掲載されてすぐに削除されました。
ちなみに現在発売されているMacProはデュアルコアのCPUが2機装着された「4コア」モデルですが、インテルから同じCPUスロットに装着可能なクアッドコア(4コア)のCPUが発売されているので、CPUさえ載せ替えれば「8コア」モデルになります。
普通にメールやウェブブラウジングなどをする分にはコア数が増えてもメリットはありませんが、技術計算や3DCG、動画処理などをする時にはコア数が増えると処理能力が上がります。(ただしコア数にリニアに比例はしてくれない)
そろそろ次期Mac OS X(10.5)のLeopardが発表されても良い次期なので、それに合わせて最高スペックのマシンとして8コアMacintoshが発売されるのかもしれません。ただそうすると下位のデスクトップ機がデュアルコア止まりなので、現行のクアッドコアも値下げか何らかの形を変えて残るかもしれませんね。
どちらにせよMacユーザはAppleの動向をしばらくは注意しておいたほうが良いようです。
17:25追記
ASCII.JPをはじめ各マスコミ向けに4月16日にスペシャルイベントを行なう事をアナウンスしているようです。この日がX-Dayかもしれませんね。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。