640円の苦味

今日は久しぶりに両親と私で妹夫婦の家にお邪魔しました。
とはいっても旦那は仕事で外出だったので、妹を交えた久しぶりの家族団欒。
あっという間に時間がたって、帰る時間になりました。みんなで駅に向かう途中で鼻をつくいい香り。
香ばしいコーヒーの匂いです。
ふとみると商店街の小さな喫茶店から香りがします。


コーヒーには目のない我が家族は、全員一致で喫茶店に入ることにしました。
その喫茶店、豆や焙煎を選ぶことができる本格的なコーヒー専門店でした。
全員が頼んだのは同じメニュー。
それは深入りのブルーマウンテンをホットで。
かすかな酸味と苦味が口の中を広がります。

1杯¥640.-と少しお高めでしたが、家族全員でおいしくいただきました。
最近の喫茶店は低価格でそこそこの味のブレンドコーヒーを出す店やラテなど特定のドリンクに特化した店ばかりで、こういう本格的なコーヒー専門店にはお目にかかれません。
普通の人には細かい豆の違いや焙煎より、くつろげるまたは時間を潰せる場所としてのコーヒーショップの方がニーズが高いのでしょうが、たまには豆や水にこだわるコーヒー専門店もいいものです。
コーヒーにめちゃくちゃうるさいわけではありませんが、こだわりのあるコーヒー。
私は高くても好きです。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。