プレステ3、事実上の値下げ

2006年9月22日

CNET Japanの記事によると東京ゲームショウの基調講演にてSCEはPlayStation 3の低価格モデルにもHDMI端子を搭載する事を発表しました。これにより標準モデルと低価格モデルの差はハードディスクの容量差となります。さらに価格を¥49,980.-とする事で事実上の値下げとも言える処置を行なってきました。
容量を気にしない人には、低価格モデルで機能は充分になったわけです。裏を返せばハードディスクの容量が大きい事に対するメリットを打ち出さないと標準モデルは売れない事になります。考え方を標準モデルを大容量モデルととらえたほうが良いのかもしれません。
私は今のところハードディスク容量は全く気にしていないので、欲しいゲームさえあればPlayStation 3購入も今回の処置であり得るなと感じています。というか「リッジレーサー7」が個人的キラーコンテンツなのでほぼ手を出す事になるでしょうね。そういう意味では今回の処置は私にとっては大歓迎な訳です。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。