新ヘッドコーチは31歳

Iza!の『米NFLに史上最年少の31歳の監督 レイダーズのキフィン氏』より

サイドラインのしかめっ面の老人-。米プロプットボールNFLの監督から、そんなイメージが消えようとしている。レギュラーシーズンが終わったNFLは、6人の監督が交代するが、就任が決まった5人の新監督のうち2人が30代だ。
オークランド・レイダーズのレーン・キフィン新監督は31歳。1970年のNFLとアメリカン・フットボール・リーグ(AFL)の統合以来、最年少の監督となる。

今シーズンいいところ無くカンファレンス最下位に沈んでしまったレイダースですが、新しいヘッドコーチに史上最年少の31歳のレーン・キフィン氏が就任することになりました。
31歳と言えば、現役の選手もいる年齢ですから非常に若いヘッドコーチの起用となります。
心配なのはワンマンで有名なアル・デービスオーナーの操り人形にならないかが心配です。
できるなら2〜3年かけてでもチームが強くなるまで、じっくりキフィンヘッドコーチにまかせるぐらいのことをオーナーにはして欲しいですね。
来シーズン、大きな結果は望みませんが今年のようなどん底から少しでも上を望めるような希望の持てる戦績が望めるようにまずはチーム編成から着手して欲しいと思います。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。