1勝2敗

Ice Hockey

昨日と今日、サントリー東伏見アイスアリーナにてアジアリーグアイスホッケープレシーズンマッチが行われました。我らがアイスバックスは昨日は日本製紙クレインズと戦って0-9と虐殺され、本日の王子製紙戦も1点を先制しながらその後に失点を重ねて1-5の敗戦となりました。
この結果、東伏見集結のプレシーズンマッチは1勝2敗で4チームの中では最下位と言う結果に終わりましたが、トップのSEIBU(仮称)に土をつけることはできました。
昨日と今日の敗戦は生で見ていないので実力差なのか調整不足なのか断言はできませんが、たしかに昨年より戦力が落ちている以上は成績を高望みできないのはたしかです。でもことしもリーグ6位までに入ればプレーオフ出場の権利が得られ短期決戦での上位進出もあり得ます。夢を捨てることは無いと思います。昨年のレギュラーシーズン5割、霧降でプレーオフを目指して応援してゆきたいと思います。
まだ数試合プレシーズンマッチがありますのでそこでしっかり調整してシーズンに臨んで欲しいと思います。
追記
今日のSEIBU(仮称)対日本製紙クレインズ戦でゴール前プレーの選手交錯時にクレインズの佐藤匡史選手がヘルメットが脱げて後頭部を強打し救急車で運ばれたそうです。すべての選手の皆さんにはケガにだけは気をつけて欲しいと思います。

Pocket