11月のケータイ契約数

2006年12月7日

電気通信事業者協会(TCA)が2006年11月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表しました。また携帯電話キャリア各社が同時に番号ポータビリティ制度(MNP)での契約者移動数を公表しています。
それによると契約者が減少したのはNTT DoCoMoで17,500件もの契約を失なう一方、KDDI(au)は324,900件の増加、ソフトバンクモバイルは68,700件の増加、ウィルコムは27,500件の増加となっています。そのうちMNPでの増減数はDoCoMoが163,000件の流出でソフトバンクモバイルも53,900件の流出となっており、KDDIが217,500件の流入と一人勝ち状態になっています。
KDDI(au)は料金、サービス、コンテンツのバランスがとれているので一人勝ちの理由も判るような気がします。しばらくの間は人気が集中するでしょうが、契約者数が増加して回線の輻輳や通信障害などが発生しないかが今後の課題でしょう。
意外と増加が少なかったのがソフトバンクモバイルで予想外割で新規ユーザは増えたものの既存ユーザが流出しており、サービス面での不満や価格の混乱が不信を招いている理由と思われます。このままではスーパーボーナスで2年間縛られたユーザからの不満と悲鳴が聞こえてきそうです。
DoCoMoが純減したのは初めての事ですが、DoCoMoの場合は価格面での不満を上げる人が多いのとMNPで他社キャリアの存在が目に入った人が移動したのが主な理由と思われます。コンテンツは充実しているのでコンテンツによって縛られているユーザも多いと思いますが、今後価格やサービスなどでどのような施策を打ってくるかが見物です。
ウィルコムは2ヶ月連続で契約増加数が減ってきており、070定額による通話定額がMNPで霞んでしまった格好です。またウィルコムには個性的な端末は多くても魅力的な端末が少ないので今後の端末の充実も課題と思います。
11月の契約数の動きから見てDoCoMo一人勝ちからauとの2強時代になりそうな予感です。そこに通話定額を掲げる2社がどう食い込んでいくかが今後のポイントでしょう。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。