Pocket

同じアメフトでも華やかさはXリーグの方があるかな


今日は川崎球場で春のXリーグ「パールボウルトーナメント」を見に行ってきました。

PearlBowl100502_01

連日の澄み切った青空がいい気分でした。

Read More →

Pocket

富士通はタレントが多いなぁ。


今日は霧降ではなく横浜スタジアムにXリーグファイナルステージ準決勝のアサヒビールシルバースター VS 富士通フロンティアーズの試合を観てきました。勝った方が社会人王座決定戦「Japan X Bowl」へ進出できます。

Yokohama_091206

天気も良くて12月の割に寒くなくて、アメフト観戦日和でした。

Read More →

Pocket

雲一つない青空。絶好のスポーツ日和。


川崎スタジアムでXリーグセカンドステージの鹿島ディアーズ VS アサヒビールシルバースターの試合を観てきました。

kawasaki_091123.jpg

今シーズンよりXリーグのレギュレーションが大きく変わり、ファーストステージの各ディビジョン上位3チームがセカンドステージで他のディビジョンの上位3チームと戦い、ディビジョンごとの最多勝利チームとワイルドカード1チームがプレイオフトーナメント「ファイナル4」に進出する形式になりました。下位チームは同じディビジョンの下位チームと再戦するので全チームが7試合を戦う事になります。

この試合までシルバースターは6戦全勝で負けてもワイルドカードでファイナル4への進出を決めていました。一方ディアーズは負けるとプレイオフを逃す危機的状況です。

Read More →

Pocket

午後になって急に曇って寒くなってきた。


Xリーグの公式戦を観に川崎球場まで行ってきました。
第一試合 鹿島ディアーズ VS オール東京ガスクリエイターズ
第二試合 富士通フロンティアーズ VS アサヒビールクラブシルバースター
の、2試合です。

XLeague081018_01.jpg

特に第二試合はプレーオフ「Final 6」への出場権がかかった大一番でした。

Read More →

Pocket

うう、無理しても横浜に行っておくべきだったのか。
Xリーグ 東地区 最終節 at 横浜スタジアム
シーガルズ 55 – 6 シルバースター
ハリケーンズ 12 – 65 フロンティアーズ
試合の結果シーガルズ、シルバースター、フロンティアーズが4勝1敗で同率。当該試合の得失点差によりシーガルズとフロンティアーズがFIANL 6(プレイオフ)進出。
ここまで全勝で、最終戦に負けても8点差以内ならFINAL 6進出だったシルバースターがまさかの大敗。FINAL 6行きを逃してしまう結果になりました。
スタッツ(試合記録)を見てもTime of possession以外は大きな差が無かったので、鉄壁と思われた守備がどう崩れてしまったのかが知りたいです。そのうちスカパーで放映されると思いますので、そこで確かめたいと思います。
なんにせよこれで今シーズンのシルバースターは全日程を終えました。目標も下馬評も期待も高かっただけに、正直私の落胆の色は隠せません。
ただ今シーズンのXリーグは各ディビジョンとも上位3チームの力の差が拮抗していて見ている分には熱のこもったよいレギュラーシーズンでした。特に東地区と中地区は上位3チームがいずれも勝ち点8で並ぶ大混戦で直接対決の得点差が微妙にからみあう状態でそれこそ1プレイが雌雄を決する状況でした。
これだけ熱いリーグ戦が年間たった5試合で終わってしまうのはどうも納得がいきません。やはりレギュラーシーズンは8〜10試合ぐらい戦うほうが良いような気がします。社会人アメフトチームが減っているのは確かなのですが、アメフトの実力向上と人気アップに繋げるにはリーグの再編をおこなって、将来的にはプロ化まで見据えて欲しいです。
とにかく今年のFINAL 6が実力伯仲でどこが勝ってもおかしくない事だけは間違いなさそうです。

Pocket

これでほぼFINAL 6は当確だね。
10/11
富士通フロンティアーズ 15 – 21 アサヒビールシルバースター at 東京ドーム
オービックシーガルズをアップセット(実力下位と思われるチームが上位のチームを下す事)して勢いに乗るフロンティアーズを東京ドームに迎えての今シーズン3戦目。負ければFINAL 6(プレイオフトーナメント)への道程が苦しくなるだけにぜひ勝っておきたい試合でした。
ところがフロンティアーズに先制のタッチダウンを許し第2クォーターにもフィールドゴールを決められ 9 – 0 という追いかける展開に。
しかし前半終了間際にタッチダウンを決めて反撃ののろしを上げます。
そして第3クォーターに逆転のタッチダウンで 9 – 14に。このまま逃げ切りたいところでしたがフロンティアーズに第4クォーター開始直後にタッチダウンを決められ再逆転を許します。それでも勝利への執念を見せるシルバースターは3分後にタッチダウンを決めて再度逆転。そのまま押しきって3勝目を挙げました。
この勝利でFIANAL 6にリーチをかけます。次の試合のルネサスハリケーンズを下せば2位以上が確定します。しかしもし敗れるような事があるとハリケーンズの結果いかんによってはレギュラーシーズン敗退という事もあり得ます。実力差的には充分勝てる相手ですが、ここは引き締めてしっかり勝っておきたいところです。
Xリーグはレギュラーシーズンが5試合と非常に試合数が少ないです。トップリーグとはいえプロではない事や学生との日本一決定戦であるライスボウルが年明け1月3日である事から実質のシーズンが4ヶ月と短くて試合が組めない事が原因です。海の向こうのNFLがレギュラーシーズン16試合+プレイオフである事を考えると試合数が少なすぎる気もします。
とはいえ試合数が少ない=試合を目にする機会が少ないという事はアメフトを世の中に認知してもらうにはよくない事だと思います。個人的にはリーグ編成を見直して東西2カンファレンスに改変し東カンファレンス10チーム、西カンファレンス8チームで構成して両カンファレンスの上位3チームがFINAL 6へ進出するようにして、レギュラーシーズンのゲームを増やすべきではないかと思います。
体調もあって試合が見に行けないのが残念ですが、せめてモニタの前から勝利を信じて応援したいと思います。プレイオフに入るころぐらいにはもう少し体調が整って試合が見にいけるようになりたいです。

Pocket

長くて短いアメフトシーズン。


今週から始まった社会人アメフトのXリーグ。
今日はアサヒビールシルバースター対ROCBULLの試合を川崎スタジアムに見に来ました。
シルバースターにとっては開幕戦です。

試合は6 – 27でシルバースターが勝利しました。
しかし見ている限り決して満足のいく試合ではありませんでした。

Read More →

Pocket

日産は今シーズン限りでアメリカンフットボール部「スカイライナーズ」を廃部する事を決定したそうです。
日産スカイライナーズはもともと日産パルサーズとして社会人チャンピオンになるなどアメフトの名門で最近は中堅チームとしてそこそこの成績を残していましたが経営効率化の為、今シーズンの公式戦終了後に廃部になるそうです。
アメリカンフットボールの企業チームは減少の一途をたどっていてその後はクラブチーム化や他チームとの合併、最悪のケースはそのまま解散してしまう事もあります。アメフトの企業チーム減少理由は経済環境の変化で費用的にチームを維持できなくなった事もありますが、宣伝効果が高くない事や会社内の団結や活性化などの名目ではチームが維持できなくなってきた事も理由に挙げられると思います。これはアメフトだけでなく社会人野球などでも起きている現象です。
Xリーグに所属する事で企業の宣伝効果があるならチームを所有する企業も現れると思いますが、いまのXリーグでは宣伝効果はほとんど無くて理解の有る企業が所有やスポンサードしている状態です。日本のアメフトの未来を考えるなら社会に認知されるようにメディアへの露出や集客などをするべきだと思います。このままでは日本のアメフトは地盤沈下をおこしそうです。