Pocket

BlueToothとワンセグだけで買い替える気は起きないなぁ。


ケータイWatchの『ウィルコム、ワンセグ対応のスマートフォン「WILLCOM 03』より

ウィルコムは、シャープ製のW-SIM対応端末「WILLCOM 03」を開発した。6月下旬に発売される予定。ウィルコムストアでの価格は、W-VALUE SELECTの場合、一括で63,120円、24回払の場合は毎月2,630円。W-VALUE割引は毎月1,150円で、一括・分割のいずれも実質負担額は35,520円となる。

アドエスことW-ZERO3 Advanced[es]の後継機になるウィルコムの新スマートフォン「Willcom 03」が発表になりました。

Willcom 03

アドエスから変わった点は次の通りです。

  • 縦のサイズが小さくなって普通の携帯電話とほぼ同じぐらい
  • ワンセグ内蔵(ただし録画不可)
  • BlueTooth内蔵
  • Windows Mobileのバージョンが6.1
  • テンキーとカーソルキーが切換式の「イルミネーションタッチ」に
  • 漢字入力がATOKからケータイShoinに変更
  • 3色のカラーバリエーション
  • 携帯電話風に扱えるメニューや電話帳ソフト、メールクライアントの採用
  • USBからの充電が可能

ワンセグ内蔵やソフト追加でWindows Mobileの使いにくさをカバーする事により普通の人にも使いやすいスマートフォンを目指しているようです。契約数の伸び悩んでいるウィルコムにとっては今回はモバイラーより新規ユーザを獲得するために今回のような仕様を選んできたのでしょう。しかし一般受けを狙ったせいか私の琴線を揺さぶるにはもう一つ何かが足らないような気がします。

Read More →

Pocket

昨日、Windows CE Fan主催の「ブロガー向けAdvanced W-ZERO3[es] 内覧会」が行われました。
開催場所が東京で大阪にて療養中の自分は参加を断念。
(どうしてもこの手のイベントは東京でしか行なわれないんですよね)
それで内覧会に出席された方がAdvanced W-ZERO3[es] (アドエス)の感想を各自のBlogに書かれておられるので読んでみました。
なんとなくアドエスの実像が見えてきたような気がしますのでちょっとまとめてみました。
参考にさせていただいたBlogにはトラバさせていただきました。m(_ _)m

Read More →

Pocket

新幹線の高速移動でプチプチと回線が切れる中、情報が伝わる度に興奮してきました。
ウィルコムが新しいスマートフォン「Advanced W-ZERO3[es]」を発表しました。
011Sh01S 011Sh02S
略称は「アドエス」だそうです。
発売は7月中旬を予定しています。
色はシルバーのみだそうです。(でも売れ行きが伸びるとカラーバリエーションを出してくるのはウィルコムではよくある事ですが
今までのW-ZERO3[es]にくらべるとハード的な面での改良が多く見受けられます。

Read More →

Pocket

ディザー広告にしてもここまでもったいぶると、他キャリアの端末発表にインパクトで負けてしまうかも。


ウィルコムの次期スマートフォン広告サイト「x-w.jp」にて謎の数字が新たに公表されています。
謎の数字は「640480800480」、「2.83.0」、「416520」、「12864256128」の4つ。
最初の数値は640×480ドット→800×480ドットの意味でワイドVGA対応の意味かと思われます。
次の数字は現行のW-ZERO3[es]の画面サイズ2.8インチから3.0インチに画面サイズがわずかながら向上すると言う意味でしょう。
3つ目の数字はたぶんCPUのクロック数が416MHzから520MHzに向上すると言う意味でしょう。
最後の数字はメモリがFlushメモリ128MB、ユーザメモリ64MBから各々256MB、128MBと倍増する事を意味しているようです。
スペックで見ると現行のW-ZERO3[es]を改良してEM-ONEや先日発表のX01Tと同じレベルにしましたと言う感じですね。
ただインタフェース周りが改良されているのかが見えないのが残念です。
個人的には無線LANとBluetoothは搭載して欲しいと思っていますので、早くインタフェースにも言及して欲しいなと思います。
でもやっぱり発売日と値段が一番気にかかりますねぇ。

Pocket

次期ウィルコムスマートフォンディザー広告サイト「x-w.jp」の情報が更新されました。

  • Like a jewelry(宝石のように)
  • 23.9% Small-sized(小さく)
  • 10.9% light-weight(軽く)
  • 14.8% Slim-tickness(薄く)
  • under the control x

以上の5つのメッセージが流れてきます。
もしこれが現行のW-ZERO3[es]からの外観の変更点だとすると、普通の携帯電話並の大きさになるということですね。
私は[es]の大きさで充分満足していますが、薄くなるともっと良くなるなと思っていたので期待できる情報です。
([es]から筐体が変更になると決まったわけではありませんが)
ただ小さくなって、その分電源の持ちが悪くなるのは勘弁して欲しいのですけどね。
でも期待して次の情報を待ちましょう。

Pocket

先週よりディザー広告が始まっているウィルコムの次期スマートフォンですが、ディザー広告サイト「x-w.jp」にて最新情報をメールにて配信するサービスが始まっています。サイトの右下の「mail infomation」からサービス登録が可能です。
私も登録しましたが、これで何か情報が公開されるたびにメール配信されるのでいちいちサイトをチェックしに行かなくても良いので非常に楽です。
(というかFlushバリバリの重いサイトなので毎日見に行くきたくないのが本音)
私のように購入意欲満々な人から、取りあえず情報だけフォローしておこうという方まで登録してみてはいかがでしょうか。
当然ですが無料サービスです。

Pocket

Willcom Forum & Expo 2007の基調講演にて喜久川社長より「新しいスマートフォンを夏に発売する」との発言がありました。
新しいスマートフォンはWindows Mobile 6を搭載するようです。
新スマートフォンの情報はディザー広告の形で特設サイト「x-w.jp」で少しづつ公表してゆくとの事でした。
ちなみに展示会場には未来の「W-ZERO3」ということで、グラムシェル型のモックアップが展示されていました。
このデザインで出してもらってもいいのですが、多分別のデザインになりそうとの事でした。
Futurezero3 01
Futurezero3 02
また夏には東芝製音声端末も準備しているとの事です。こちらはスマートフォンではなく「フレンドリーフォン」と喜久川社長が言われていたので、多分普通の人に使いやすい機能を押さえた端末になるのではないでしょうか。
どちらにせよこの夏が楽しみです。
というか、既に買う気満々だったりします(笑)。

Pocket

ケータイWatchの『W-ZERO3シリーズ向けのWindows Liveアプリが登場』より

マイクロソフトは、Windows Mobile 5.0搭載の「W-ZERO3」シリーズ向け「Windows Live for Windows Mobile」の配信を開始した。
今回、W-ZERO3シリーズ向けに提供されるのは、インスタントメッセンジャーアプリの「Windows Live Messenger」、メールサービス「Windows Live Hotmail」、ブログサービス「Windows Live Spaces」、検索サービス「Live Search」の4種類。マイクロソフトでMSN関連事業を展開するオンラインサービス事業部と、ウィルコムの合意によって提供が開始された。いずれもブラウザでの動作ではなく、専用アプリとして配信される。

マイクロソフトがウィルコムと提携してWindows Liveアプリケーションを提供する事になりました。
機能的にはメッセンジャー(チャット)、WEBメール、ブログ、検索サービスの4つを専用アプリで提供するものです。
私はHotmail以外は使っていないので導入するかは判りませんが、Windows Liveをパソコンで使っている方には魅力的なソフトではないでしょうか。
またウィルコムからはW-ZERO3向け高速化サービスの提供もアナウンスされています。
ケータイWatchの『ウィルコム、「W-ZERO3」向けに高速化サービスを拡張』より

ウィルコムは、音声端末向けに提供中のパケット通信時の体感速度向上サービス「高速化サービス」において、さらに体感速度がアップする「W-ZERO3」専用ソフトを4月23日から提供する。
「高速化サービス」は、通信プロトコルや画像データを最適化することで、音声端末でのWebブラウジングの体感速度を最大200%まで向上させるサービス。今回新たにW-ZERO3向けの機能を拡張し、専用クライアントソフトをインストールすることで、移動時の体感速度やファイル転送時の体感速度が向上する。従来の「高速化サービス」よりも最大で150%向上するという。

今までも月額¥315.-で高速化サービスはウィルコムの端末向けに提供されていましたが、W-ZERO3専用アプリを提供する事でより最適化し体感速度を向上させる事が出来ます。
どちらも、明日から行われる「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」にて体験できるそうなので、新端末や新技術に期待しながら会場に潜入したいと思います。良いネタがあったらレポートしたいと思います。

Pocket

ケータイWatchの『So-netのパケット通信サービス専用「W-ZERO3」が登場』より

ソネットエンタテインメント(So-net)は、ウィルコムのPHS網を利用するデータ通信サービス「bitWarp」のPDA専用サービスである「bitWarp PDA」が利用できる専用端末として、シャープ製「W-ZERO3(WS003SH)」を4月25日から発売する。

So-netのデータ通信サービス「bitWarp」専用のW-ZERO3が発売になります。
通常のW-ZERO3との違いは標準で提供されるW-SIMがbitWarp回線専用でかつW-OAMによる高速モード(最大204kbps)に対応していることです。
また使用回線がbitWarpを利用しますので月額費用が¥2,107.-と通常のウィルコムの通信プランより安く使うことが出来ます。
ただし今回プレスリリースが発表されている限りでは音声通話の対応に関して何も記載されていないので、音声通話が利用できない可能性があります。
値段は税込み¥60,900.-ですが4月25日から4月30日の間のみキャンペーンとして¥42,000.-で提供されます。
W-ZERO3を電話としては使わないデータ専用として利用したい方には、おすすめできると思います。
ただSo-netはソニーグループですので自社グループ内の「mylo」と競合するようなサービスを提供するのは不思議な気がします。この辺がグループ内の統制が取れていない部分なのかなと思いますね。

Pocket

昨日の「MT4iでちょっと悩んでみた」にも書きましたがW-ZERO3を初めとする一部のブラウザ環境で、MT4iを使ってエントリやコメントを作成・編集すると半角スペースが化けることがあります。
私の場合、MT4iを使ってBlogを編集する場合にはW-ZERO3で行なうことがほとんどなので、それに特化させた「私家版MT4i」を作ってみました。
作り方
1.最新のMT4iである「Ver 2.13」のMT4iをダウンロードしてください
2.ファイルを解凍するとフォルダが出来ますので、そのフォルダ内の「mt4i.cgi」をお手持ちのテキストエディタで開いてください
3.テキストエディタで以下の行を修正してください(行番号はエディタによって若干変化します)

2126行目、2131行目、2136行目、2141行目、2146行目、2151行目にある
$org_title =~ s/ / /g;』の最初の$の前に#を挿入し、コメントにして半角スペースを&nbspに変換するのを停止

同様に2329から2334行目にある
$entry_title =~ s/ / /g;』の最初の$の前に#を挿入し、コメントにして&nbspを半角スペースに変換するのを停止

1713行目の
$data .= “<br><textarea rows=4 name=text></textarea><br>”;』のrows=4の後ろに cols=45』を挿入しカラムの枠を広げる

2192行目、2194行目、2196行目、2198行目の
$data .= “<br><textarea rows=\”4\” name=\”entry_text\”>$org_text</textarea><br>”;』のrows=\”4\”の後ろに『cols=\”45\” 』を挿入し、カラムの枠を広げる

4.ファイルを保存する
5.サーバにアップロードして既存のMT4i.cgiを入れ替える
6.念のためWebブラウザより「mt4imgr.cgi」にアクセスして設定値を確認の上保存する
これで私のところの環境ではW-ZERO3からの半角スペース文字化けが解決し、文字入力エリアが横に広がって使いやすくなりました。
まだインターナルエラーの件は残っていますが、これはうちのサーバの処理能力の問題だと思っていますので、MT4iのせいではないでしょう。
とにかく、W-ZERO3での文字化けや入力枠の狭さにお悩みの方は、自己責任で一度お試しください。
なおこの改造でMT4iの作者である太鉄さんへのお問い合わせは絶対にやめてください。
よろしくお願いします。