Pocket

ドコモが公表した時点で覚悟はしてたんだけどなぁ。


ケータイWatchの『ソフトバンク、Nokia E71の発売を中止 』より

ソフトバンクモバイルは、冬商戦向けのモデルのノキア製スマートフォン「Nokia E71」の発売を中止すると発表した。製造メーカーのノキアが、コンシューマ分野において日本市場から撤退することに伴うもの。

先日のドコモでの販売中止に続いてソフトバンクモバイルもNokia E71の国内販売を取りやめました。

これで正式ルートでの日本語版Nokia E71の販売は無くなりました。海外での東アジア版E71を輸入して使うしかないようです。期待していただけに残念です。

個人的には輸入するならE71より先日バルセロナで発表されたN97がフルキーボードも付いていて500万画素のカールツァイスレンズ搭載のカメラがも内蔵しているので、サードパーティにて日本語対応されればこちらのほうが良いような気がしてます。

とりあえずしばらくはE61とNK705を併用する事にします。しかし理想の端末ってなかなか見つからないなぁ。

Pocket

頼みの綱はソフトバンク


ケータイWatchの2つのニュースから。

高級ケータイ「VERTU」、2009年2月19日より販売開始

宝飾品を用いた携帯電話を手掛ける英VERTU(ヴァーチュ)は、日本でのサービスを2009年2月19日より開始すると発表した。NTTドコモの回線を利用する。

ドコモ、ノキア製「E71」の発売を中止

NTTドコモは、発売予定だったノキア製のFOMA端末「Nokia E71」の発売を中止する。ノキアが日本市場から販売活動を打ち切ることに伴うもの。

docomoから正式にNOKIA E71の発売が中止されました。期待していただけに残念です。

発売を公表していたのですから日本語へのローカライズは終わっていたと思いますし、筐体は全世界共通のはずなので日本対応してもコストはあまり変わらないはずです。だとするとN82は発売してE71を発売しないメリットがあまり感じないのですが、サポートコストなどが原因なのでしょうかね。

なんとかSIMロック付きソフトバンクブランドでいいのでE71出てくれないですかねぇ。

Pocket

うわぁ、予想だにしなかった展開。


ケータイWatchの『ノキア、日本市場での事業展開を見直し 』より

ノキアは、日本での携帯電話端末の販売および販売活動を打ち切ると発表した。

発表によれば、日本では端末販売および販売活動を打ち切るものの、日本に拠点を置くR&Dセンター(開発部門)や法人向けソリューション事業は今後も展開していく。同社の高級ケータイ部門「Vertu」については対象外とのことで、予定通り進められる見込み。

先日のMVNOでの日本参入はVertuのためだったんだろうけど、今後の日本での事業を縮小するとは思わなかったな。

やっぱり世界中で使える端末を発売しても、日本ではi-modeやワンセグ、おサイフケータイなどの付加価値サービスがないと売れないから利益は少なかったんだろう。

日本の携帯端末メーカも三洋、三菱が撤退しソニーエリクソンも縮小方向に向かっているから、昨今の経済状況も相まって端末ビジネスはもうおいしいところは無いんだろうね。

今のところ事業展開の見直しとなっているのでキャリアへの端末供給をやめるとまでは言ってないのが微妙なところ。NK705所有でE71を購入したい私としては、既に発表している端末の発売だけと販売済みの端末へのサポートだけは続けて欲しいです。

11/28 9:30 追記

キャリアへの端末提供も撤退するようです。最悪、発表済みのE71の発売中止もあり得るとのこと。E71だけは発売して欲しいなぁ。

Pocket

ただしスパボ縛りがあるので今すぐ買えない。orz..


+D Mobileの『ステンレスボディにQWERTYキー、仕事/遊びモードを瞬時に切り替え—-「Nokia E71」 』より

ステンレスに覆われたストレートボディにQWERTYキーを搭載、仕事モードと遊びモードを瞬時に切り替えられる—-。こんな機能を備えて登場するのが、Nokiaブランドのスマートフォン「Nokia E71」だ。発売は12月中旬以降を予定している。

ソフトバンクモバイルは2007年、E71の前モデルにあたるE61を「X01NK」としてリリースしており、約2年ぶりに新バージョンを投入することになる。

2ちゃんねるでも噂になっていましたが、Nokia E71の日本語バージョンが投入されました。

旧モデルのNOKIA E61を所有している私としては待望の機種です。

Read More →

Pocket

べ、別にソフトバンクに転んだわけじゃないんだからねっ!
先日のエントリでオークションで落としたことを書いた謎の携帯端末。
正体はNOKIA製のスマートフォンでした。
NOKIAというのはフィンランドのメーカーで全世界の携帯電話端末の半分はノキア製と言われるほど人気の高いメーカーです。しかし日本では携帯電話機が独自の進化を遂げていて世界標準のノキア製端末はあまり売れていないのが現実です。このことを「日本は携帯電話のガラパゴス諸島」という人もいます
そんな独自の世界を持つNOKIAの製品の情報に触れる機会が有り、オークションで入手しました。
それも2台(笑)。

Read More →

Pocket

CNET Japanの『ノキア、3GSMで新型携帯電話端末を発表』より

スペインバルセロナ発–携帯電話メーカー世界大手のNokiaは現地時間2月12日、当地で開催の3GSM World Congressで、場所を選ばずインターネット接続を可能にするデバイス数機種を披露した。

発表されたのは以前から噂に上っていた「E61」の後継機である「E61i」と、スライド式携帯「E65」、横型折畳みで無線LANやHSDPAが搭載された「E90」などです。
212Nokiae61I 535X550NOKIA E61
以前よりE61iは日本語版がでれば購入候補に上がるだろうと思っていたのですが、E90の写真を見てビックリしました。E90はどう見ても昔熱狂的なファン(私もその一人)がいたPDA「HP 200LX」の再来ですね。細かいスペックは判りませんが無線LANもHADPAによる携帯電話での高速通信も可能で、ノートパソコンに近い横型折畳みのフルキーボード内蔵のデザインなど私が望んでいる製品に最も近いような気がします。
212Nokiae90 550X389NOKIA E90
NOKIA Eシリーズは企業やビジネスマン向け端末のため一般的には法人向け販売なのですが、昨年末にE61日本語版ががNOKIAから直販の形で販売されたことから見ても、日本語版さえ完成すれば個人でも入手が可能になりそうです。日本語版が出るのは多少時間がかかるでしょうが、ぜひSIMロックフリーで発売して欲しいと思います。
関連リンク:フォトレポート:3GSMで発表されたノキアの新型3G携帯電話(CNET JAPAN)

Pocket

ケータイWatchの『無線LAN対応でフルキーボード搭載の「X01NK」』より

「X01NK」は、ノキア製スマートフォン「E61」のソフトバンク版。法人向け専用のモデルで、発売は3月下旬以降で、個人向け販売は予定されていない。
 無線LAN(IEEE802.11b/g)をサポートし、QWERTY配列のフルキーボードを搭載したノキア製のスマートフォン。W-CDMAおよびGSM(850/900/1800/1900)に対応する。企業内におけるVoIP電話としての利用が可能なほか、オフィス文書が閲覧できるドキュメントビューアを搭載。メールソフト、フルブラウザ(Nokia Web Browser)、SMSによるリモートロック機能、赤外線通信、Bluetoothなどがサポートされている。HSDPAには非対応。

ソフトバンクモバイルからNokia E61ベースの端末「X01NK」が発表になりました。ところが法人専用モデルのためX01HTのように店頭では購入できないようです。
X01Nk01S
機能的にはほぼNokia E61と同じでソフトバンクモバイルのSIMロックがかかっていることやMMS(メール)機能に対応しています。
ソフトバンクモバイルからの発売なので安価に入手できることを期待していたのですが、個人向け販売がないのはがっくりです。
今、この機種を欲しい人は素直にNokia E61を購入するしかないようです。
ただ既にカメラ機能がついたE61iや上位機種のE65が噂されているので、それを待ったほうが良いのかもしれません。

Pocket

日経IT Proによるとボーダフォンがこの秋にノキア製の無線LAN内蔵型スマートフォンを2機種発売します。
060518Voda2
2機種の違いはフルキーボードの有無と液晶ディスプレイの大きさの違いで他のスペックは同じようです。
カメラを搭載せず販売ルートも法人営業主体になるようなのでウィルコムのW-ZERO3のライバルと日経IT Proでは記事に書いていますが、どちらかというとボーダフォンNK702やNTTドコモのM1000がライバルのような気がします。
W-ZERO3のライバルが持って出てくるとケータイ業界も面白くなるのですが、なかなか日本にはスマートフォンは根付かないようです。
どこかのキャリアがTreo700pを日本語化してくれれば、個人的にはすぐに乗り換えるんですけどね。