Pocket

噂としてエントリをあげていたら、発表がきました。
SONYが新型モバイルPC「VGN-UX50」が発表になりました。(ソニーのプレスリリース
それも発売が5/27日。
Img001
スペックはプレスリリースを見てもらうとして、自分が気に入ったのは以下のポイントです。

  • 文庫本サイズで重さ520g
  • スタンバイ状態から5秒で起動
  • 連続利用時間が標準バッテリーで3.5時間、大容量バッテリーで7時間
  • 無線LAN、BluetoothとCFカードスロット標準装備
  • カメラ内蔵

欲しい機能がほとんど揃ってます。
無理を承知で言えばOSがMac OSでないのが残念なぐらいです。
これならブラウジングはもちろんモブログも出先でゲームもビデオ観賞もなんでもできちゃいますよ。
わが家のPDAどもが結託しても太刀打ちできないぐらいのスペックですよ。
借金してでも買っちゃおうかなと思わせるぐらい、それぐらい魅力的なマシンが出てしまいました。

Pocket

umpcnews.comのサイトにとても怪しいモバイルPCのイメージ図がある。
どう見てもMac OS Xで動かすウルトラモバイルPCの絵だ。


もしこんなのがでたら、即座に予約してしまうだろうなぁ。
というか絶対出してくれ>Apple様

Pocket

CNETによるとPalm Pilotが誕生してから10年になるそうです。
私は電子ガジェット大好きなので今までいろんなものを購入してきました。シャープの電子手帳からPalm、Zaurus、Sigmarion、Clieそして最近ではW-Zero3と増えてゆくばかりです。
ガジェットを使って行くうちにいろんな事が出来てくるのですがそれと同時にガジェットにさせたい事も増えてくるのです。そしていつも不満を抱えながらガジェットを使い続けています。(個々の不満に関しては後日別トピックで書くつもりです)
ところが私のような人は世の中では少数で大半の人は携帯電話とパソコンで満足しているようです。だから日本ではニッチな市場となってしまい、大きなメーカはどんどん撤退しいまやPDAといわれる製品はZaurusだけでスマートフォンと呼ばれる製品もかろうじて3機種ほど有る程度です。
携帯やPDAのように単体完結されるよりPalmのようにパソコンなどと相互に情報を共有するほうが便利だと思うのです。
私とすればパソコンと同期しつつも高機能でキーボードの付いた(たとえばTero650みたいな)製品が出てくれればいいのになと思います。

Pocket

プレスリリース他によるとウイルコムがユーザ向けに「W+BLOG」というブログサービスを開始した。
という事で、私も早速「すろー・ふぉわーどミニ」というblogをW+BLOG内に立ち上げてきました。
使ってみた感触ですが、まだサービスが始まったばかりでシステムが若干不安定ですね。それから足跡やコミュニティと言ったSNS的機能があるのですがこれも出来たばかりなのとメニューがこなれていないせいでまだまだといった感じです。
でもウイルコムユーザ専用SNSサービスとして育っていく可能性は充分にあるので、しばらくは遊んでみようとおもいます。もしウイルコムユーザの方がいればアクセスしてみて下さい。
追記:昨日の夜が不安定だったのは丁度ウイルコムの定期メンテナンスの時間帯と重なったからでサービス自体の不具合ではないですね。今日アクセスしている分には全然問題ないですね。

Pocket

PC Watchの記事とメーカーのプレス発表によると日本で初めてのUltra-Mobile PC(UMPC)として「Smart Caddie」が発表されました。ただし発売時期は4月中旬だが価格が未定との事。
ということで日本にもOrigamiなマシンが来ましたね。価格によっては飛びつきたいところなんだけど画面解像度や日本語周りで不安なところがあるので実機を見るまでは、見送らざるを得ない感じですね。
モバイルマシンは持った時の重さや感触と言うのも重要なファクターなので、そのあたりも心配。
でもとりあえず日本でもOrigamiが発売される事には、まずは素直に喜ぶべきかな。

Pocket

Microsoftのサイトを始めとして徐々に「Origami Project」の実態が明らかにされてきました。結局はIDF(Intel Developer Forum)で公開されたUltra Mobile PC向けのWindows XP Tabletモデルをシェイプした物のようです。
また今回Ultra Mobile PCのプロトタイプとしてASUSとSAMSUNGが実機を展示しているようですが、日本で発売されているタブレットPCに比べてもバッテリーの持ちや画面解像度が低いため、想定価格相応のものしか作れないようです。特にプロトタイプでバッテリの持ちが15分と言うのには笑ってしまいました。
当初は期待させる情報が飛び交っていましたがやはり実物への実装にてMicrosoftとIntelは馬脚を現してしまったようです。
小型モバイルPCは日本が最も開発が進んでいる国です。「折り紙」という日本語が使われている事もあり、小型化や低価格化には日本の技術が入り込んでいるものと思っていましたがそうではないようです。このままではPDAともタブレットPCともどっちつかずの製品が出てきてそのまま消えてしまう事になりかねません。
画面や電源のスペックと価格がこなれれば潜在的ニーズは有る製品なので、実際の製品が出るまでに問題点をクリアすれば市場に受け入れられるのではないでしょうか。
問題点がクリアできなかった時は、折り紙の鶴はやはり飛べなかったと言う事になりそうです。
追記:CNETの記事によるとCebitで他のメーカも詳細スペックは不明ですが実機を展示しているようです。価格や問題点がクリアできているかは不明です。

Pocket

CNETの記事によるとIntelが小型のタブレット型パソコンのプロトタイプを公開しました。このプロトタイプはMicrosoftの「Origami Project」に対応したハードウェアです。
写真を見てみたのですがPDAよりは大きめですが、操作性や視認性を考えると中々期待できる大きさです。またキーボード付きのプロトタイプもありW-Zero3とは異なる回転スライド式でのキーボードの収納が可能な様子です。
実際に稼働するOSが通常のWindowsも可能なようで、Origami Project以外への応用も利きそうです。しかも価格を$1,000.-程度に抑えるとの事で、非常に手に入れやすい価格になりそうです。
昨日のZaurusの発表にはがっかりしましたが、今日のIntelの発表は期待と購買意欲をかき立てるいいものでした。MicrosoftのOrigamiの正式発表が楽しみです。

Pocket

モバイルする人にはおなじみと思いますがウィルコムのフルブラウザ内蔵PHS「WX310K」、通称「京ポン2」というPHSを私は使用しています。
この京ポン2に初代京ポンから機種変しておよそ一ヶ月が経ちました。
そこで使用感をまとめてみたいと思います。

Read More →

Pocket

W-ZERO3を購入する時、契約プランで悩む事になりました。
というか失敗してしまいましたので、笑い話としてここに書いておきます。
これから購入する人に参考になるかもしれません。

Read More →