Pocket

全盛期を生で見た事はないけど、そのすごさは弟子たちを見ていればようわかるなぁ。
nikkansports.comの『「プロレスの神様」カール・ゴッチ氏死去』より

「プロレスの神様」とうたわれたカール・ゴッチさんが28日(日本時間29日)、米国フロリダ州タンパの自宅で死去した。死因は肺炎とみられている。82歳だった。ゴッチさんは61年4月、日本プロレスのワールド・リーグ戦で初来日。自ら編み出したジャーマン・スープレックス(原爆固め)を日本に広め、アントニオ猪木、藤波辰爾らを輩出するなど、日本プロレス界の「育ての親」だった。生前も無我ワールドの名誉顧問を務め、日本プロレス界の発展に尽力していた。

わたしがプロレスを見はじめたときには、ゴッチさん(とあえてそう呼ばせていただく)は既に引退して指南役としての姿とわずかに残る現役時代の映像でしか見る事はなかった。
個人的にはUWFの最高顧問であり、前田日明の師匠としての印象がものすごく強い。
実際には日本のプロレス全体の師匠であり顧問であるといってもよい人なんやけど、なぜかそうおもってしまう。
日本のプロレスの「強さ」はゴッチさんが育て上げたといっても過言やないやろうね。
今はプロレスにエンターテイメント性を求められる事が多いけど、やっぱり強さあってのプロレスやと思う。
神様にはどうか天の上から日本のプロレスを見つめていて欲しいと思う。
合掌。

Pocket

早速、羽を延ばして来ました。
横浜プロレス旗揚げ公演を見に横浜にぎわい座へ行ってきました。

プロレスそのものは長く見ている私ですが、旗揚げ戦を見に行くのは生まれて初めてです。

Read More →

Pocket

先のエントリにも書きましたが体調不良で、水曜日の夜にあったプロレス興行を見に行く事をキャンセルしました。
先週の週末もキャンセルしてますし、今週末も見に行くことは諦めています。
で、見に行けなかったのが「大日本プロレス」と言う団体です。
横浜を本拠地とし、全国で興行を行なっています。
この団体の売りが激しいデスマッチです。
もちろん普通のプロレスの試合も行ないますし格闘技に近いルールでの試合もたまにあります。
でもやっぱり大日本プロレスを語るならデスマッチは欠かせません。

Read More →

Pocket

先日もエントリに上げましたが週刊ゴングとその関連雑誌が休刊する事が決まり、正式に誌面にて発表されました。
私もゴング本誌とLASY’S ゴングを買い求めてきました。
Gong 01ゴング本誌(右側)とLADY’S ゴング
ゴング本誌はいつもの試合レポートはほとんどなくゴング休刊による選手や関係者、雑誌作成側スタッフからのコメントが半分を占めていました。残り半分も取材済みの企画を急遽掲載したと思われるものや、創刊からの歩みを振り返るものがほとんどでした。休刊が決まってから急いで紙面を構成したと思われる内容です。

Read More →

Pocket

久方ぶりに生でプロレスを見てきました。
テレビではプロレスは専門チャンネルを契約している事もあってよく見ているのですが、生観戦するのは4年ぶりの事です。
今日見てきたのは「JWP女子プロレス」というその名の通り女子プロレスの団体でキャッチフレーズは「ピュアハート・ピュアレスリング」です。大阪在住の頃は、大阪にこの団体が巡業に来るたびに友人達と観戦しにいっていましたが東京に越してきてからは見る事はありませんでした。たぶん生でJWPを見るのは7〜8年ぶりぐらいになると思います。
会場は東京キネマ倶楽部と言う通常はダンスホールとして営業しているところでプロレスの興行を行なった場合の収容人員は500人は行かないと思う決して広くはない会場です。でも席は8割方うまっていて、興行としては良いほうではないかと思います。ただ席がうまっていたおかげで自分の席は少し見にくい席でした。
試合は5試合あって1〜2試合目はジュニア(女子の場合は主に入団3年未満の選手をさす)のベルト争奪トーナメントの1回戦で大技等はありませんが若手のはつらつとした試合が見られました。
3試合目は年末のタッグベルト選手権の前哨戦となるシングルマッチで激しい試合が繰り広げられました。
休憩のあとセミファイナルではベテランと中堅選手が織りなす6人タッグマッチでプロレスのエッセンスが見られました。そしてメインエベントはJWP無差別級シングル選手権のベルトをかけた試合、チャンピオンと挑戦者の力と技の攻防が見られました。最後はチャンピオンが勝利してベルトを防衛しました。
プロレスは他の格闘技と違って「受ける」事が必要です。相手の技を受けることも必要ですし、観客に受ける事も必要です。ただ強いだけでは王者になれない特殊なスポーツです。それだけに生で見ていると選手の善し悪しや好不調が見て取れます。今日は概ね試合を楽しめましたが、最後のタイトルマッチはもう少し王者の技の受けと力強さが見られればもっと良かったように思えました。(挑戦者が気負っていたからかもしれませんが)
それでも興行には満足して帰ってきました。

Pocket

遅ればせながら8月30日に両国国技館で行なわれた現役国会議員でプロレスラーでもある馳浩選手のレスラー引退試合の模様をスカパーで見ました。
一言で言うと「惜しい人材が引退してゆくなぁ」と言う気持ちです。
現役の国会議員で文部科学省副大臣の要職をも務めながら折れないハートと鍛え抜かれた肉体を維持していると言うのは努力のたまものであるとしか言えません。その上、佐々木健介との「馳健タッグ」での活躍や闘魂三銃士たちとの記憶に残る名勝負の数々、さらに小島、天山ら後輩の育成といずれもプロレス界に貢献してきました。
これからは国会議員としてスポーツを通して教育のあり方を良くされていく事でしょう。
でも少しはプロレス界にも顔を出して、後進の育成に手を貸してもらえればなと思います。
馳選手、20年間本当にお疲れさまでした。

Pocket

古くからつきあいのある友人から『今、プロレス会場にいる』と電話をもらった。友人とはたわいの無いおしゃべりをしただけですが、電話を切った時ふとここ数年プロレスを生で見ていない事に気がつきました。
私はプロレスを含む格闘技は好きなほうです。スカパーのプロレスチャンネルの契約もしているほどです。
それにもかかわらずプロレス会場から足が遠のいているのは、生観戦をしてみたいと思わせるプロレス団体がこれと言って見当たらないのです。テレビでは定期的に観戦する団体はありますがプロレス会場に足しげく通おうとする気にはなれないのです。これがアメフトやアイスホッケーなら思い入れの有るチームであれば可能な限り観戦に行くのですが…。
自分でも理由がはっきりしないのですが、今のプロレスにはチケットを買ってまで生で見ようとさせるほどの魅力を感じていないような気がします。また関東に越してきてからプロレス観戦仲間がいないのも一つの理由かもしれません。
私のようなテレビ観戦派が増えてしまうと、プロレス団体は困るのでしょうね。でも生で見たいと思わせるマッチメイクや試合内容をプロレス団体側が提供できないと、私が会場へ足を運ぶ事はしばらくは無いような気がします。
魅力を感じるまではテレビ観戦派でいる事にしたいとおもいます。

Pocket

スポーツでいくつか話題があったので雑感などをちょこっと。
松井秀喜が左手骨折、連続試合は1768試合でストップ(asahi.com)
うわぁ、やっちゃいましたね。でもプレイ中のトラブルだけに避けようは無いしねぇ。
連続試合出場の記録もあったし着実にチームの柱として活躍していただけに残念。
でも本人が一番悔しいだろうねぇ。
米アリーナフットボールで日本人が初の出場枠入り(asahi.com)
アリーナフットボールというのはアメリカンフットボールのミニ室内版みたいな競技です。
でもプロ組織であり、ここからアメフトのプロリーグNFLへ進んだ選手は何人もいます。
出場枠に入ったのはアサヒ飲料チャレンジャーズのワイドレシーバー(WR)高橋睦巳選手。
ここからステップアップしてアメリカでの日本人プレーヤーの活躍に期待!
44歳ジャガー横田が妊娠3カ月(nikkansports.com)
女子プロレス界の重鎮の一人、ジャガー横田さんがおめでたです。
最近の試合は生で見ていないけど、小柄な身体が大きく見えるファイトは若手選手の良いお手本です。
子供が産まれてもママさんレスラーとしてがんばるらしい。
なにはともあれ、おめでとうございます。

Pocket

大日本プロレスといえばデンジャラスなデスマッチが売り物のプロレス団体です。特に蛍光灯をリングのあちこちに配置して凶器として使用する「蛍光灯デスマッチ」は専売特許とも言えるデスマッチです。
そんな大日本プロレスがasahi.comに取り上げられました。とはいっても試合ではなく副業の運送会社の事でです。

春の引っ越しシーズン。従業員全員がプロレスラーという運送会社がある。
横浜市都筑区の「レスラーズ運輸」。大日本プロレスのアブドーラ小林=本名・小林洋輔さん(29)=が代表を務め、アルバイトの従業員も全員、同僚レスラーだ。昨夏の開業以来、口コミで広まり、月10件ほどの仕事が入るまでになった。

記事にはアブドーラ小林が運送会社を始めた経緯や大日本プロレスの試合内容が「引っ越しはレスラーに」という題で紹介されてます。
大日本は何度か生で見ていますしCS放送でも見ますが、かなり過激なデスマッチを行う団体です。そんな大日本を取り上げるのが日刊スポーツではなくasahi.comというのには驚きましたね。

Pocket

友人のサイトにて新日本プロレスの田中秀和リングアナウンサーが退団される事を知りました。
また道場のコーチ役のブラック・キャットレフェリーが亡くなられたとも伺いました。

Read More →