Pocket

またひとりバイク界からスターが消えたよ…
Iza!の『二輪レーサーの阿部典史さん交通事故死 川崎の市道で貨物車と衝突』より

7日午後6時20分ごろ、川崎市川崎区大島の市道で、同市幸区のオートバイレーサー、阿部典史さん(32)のバイクが、横浜市鶴見区東寺尾の会社員、千野智彦さん(51)の4トントラックに衝突した。阿部さんは搬送先の病院で死亡。神奈川県警川崎署が詳しい事故原因を調べている。

朝ニュースをチェックして目を疑いました。
ノリックこと阿部典史選手が不慮の事故で亡くなられました。
ニュースを見る限りではUターン禁止場所をUターンしていたトラックにノリックが運転していたバイクが突っ込んだらしい。
トラックの標識無視が原因なのかノリックの運転ミスなのかはわかりません。
ただ二輪界はまた偉大なライダーをひとり失った事。
ライダーとしては円熟の域にきていたし、人生としてはまだ道半ば。コースでの活躍も見たかったですが、後進の指導やバイクの健全な発展のためにも活躍して欲しかったです。
安らかに眠ってください。
そして空の上で大ちゃんと会ったら、一緒に走ってください。

Pocket

今日、起きた時に腕が何となくヒリヒリするので見てみたら、見事なまでに腕だけが日焼けしていました。
Bikeyake01
昨日、宮ケ瀬ダムへミニツーリングした時にツーリングジャケットを着ずに半袖のラフな格好で走っていったので、何も身に付けていない所だけが日焼けしてしまったようです。(手はグローブしているので焼けていない)
自分は肌が弱いくせに事前の処置もしてなかったのが敗因ですね。
すぐさまスキンケアして腕のヒリヒリは収まったけど、凄くカッコ悪い焼け方になってしまったです。
しばらくは我慢するしかありませんね。

Pocket

今日は体調が非常に良かったのでバイクで出かける事にしました。
思いつきでツーリングを決めたので行き先をツーリング雑誌から適当に選ぶことにしました。選んだ行き先は「秩父さくら湖」です。距離も往復で120Kmほどでさほど遠いわけでも無く、いかにも今の季節にあった行き先だと思いました。
カメラなどの荷物を詰め込んで出発です。R299の山道を駆け抜けて、途中の「道の駅ちちぶ」でお昼ご飯です。お昼には秩父蕎麦をいただきました。
さて秩父さくら湖へ向かいアクセルをあけます。アップダウンを繰り返すと浦山ダムが見えてきます。浦山ダムによって出来た人造湖が「秩父さくら湖」なのです。
ところがさくらの木が見当たりません。もちろん奇麗な薄桃色の花も見当たりません。
ようやく見つけた一本の桜の木の下でとったのが下の写真です。
Sakurako
中途半端な写真しか撮れませんでした。orz..
ただ秩父市内の羊山公園にはゴールデンウィークの時期に芝桜が一面を覆うそうなので、都合がつけばもう一度行ってみようと思います。

Pocket

HONDAブースにはもちろん他のバイクも展示してありました。
Mcshow08-4こちらは仮面ライダー響鬼HONDAレーシングチームのバイク(モデル名は忘れた)
Mcshow09-4レプソルHONDAチームのRC211V(ナンバーからニッキー・ヘイデン選手のものと思われる)
Mcshow06-3こちらはサクマエンジニアリングのブースに合ったForzaをベースにしたトライク(3輪バイク)。トライクは普通自動車扱いなのでヘルメット無しで普通免許で運転する事が出来ます。
Mcshow07-6トライクの後ろ(3輪部分)はこんな感じ。
Mcshow10-3子供向けに最近の仮面ライダーシリーズ(555や刃など)のバイクも展示
ということで写真はUPしませんでしたが他のブースも盛況でした。まぁ人だかりが多かったのはメーカーブースが大半ですが、抽選とかキャンギャルのお姉さんがいるところにも人はいました。
バイクで行けなかったのは残念だけどいろいろ見る事が出来て楽しい半日でした。

Pocket

花曇りの中、東京有明のビックサイトにて行われているモーターサイクルショーに行ってきました。モーターサイクルショーは毎年行われているバイクに関する展示会です。
今日は天候が夕方には崩れるとの事だったので体調の事も考えておとなしく電車でゆきました。
今回の私のお目当てはHONDAが先日発表したビックスクーター「Forza」の2006年モデルです。Forzaの2世代前のモデルになるMF-06モデルに私は乗っています。昨年メジャーバージョンアップで2005年モデル(MF-08)が発売され、マイナーチェンジで2006年モデルが発表になったのです。
Mcshow01早速ホンダブースへ
Mcshow02新型Forza 2006年モデルです
Mcshow03-1Frozaのハンドル周り
ハンドルの中央にはオプションの純正バイクナビが搭載されています。
Mcshow04-1こちらは無限HONDAオリジナルカスタムモデル
Mcshow05-1無限HONDAモデルのシートからハンドル周り
無限らしいレーシーな雰囲気のデザインです。
写真が多いので次のエントリに続きます。

Pocket

asahi.comによると、今年秋からバイクにもETCが利用可能になるそうです。
バイク用のETCがこの秋から販売開始になりそれまでにバイク対応のETCレーンも整備されるようです。
バイクで高速道路に乗る時に面倒に思うのが料金の支払いです。車と違ってチケットの授受や現金のやり取りが面倒で、バイクを料金所の端に止めて現金を支払ったり、ハイウェイカードやクレジットカードを利用する人も多かったと思いますが、ETCが普及すれば減速するだけでよいので非常に楽です。
またETCだけで行われた割引がバイクにも適用される事になるので料金的にもメリットが出てきます。
ただ心配なのがETC装置の取り付けがどのような形になるのかわからないところです。簡単に設置できるのであればいいのですが、外装加工が伴うようだとビックスクーターなど一部にしか普及しない可能性もあります。ただし車のETCも多少小型化に時間がかかったので、装置に関しては時間が解決するのかもしれません。
これでライダー側にも道路管理者側にもETCのメリットが享受できればいいですね。

Pocket

少しづつ暖かくなってきて待ち焦がれた春はもうすぐそこと言った感じです。
バイク乗りには格好のツーリングシーズンです。
そこでツーリング用にバイクにナビゲーションシステムを取り付けました。
ナビゲーションシステムは「Mio 168RS」という実はPDAです。
ただのPDAではなくてGPSアンテナを内蔵しメモリカードに地図を記憶することで小型のナビゲーションシステムを実現しています。しかもルート探索や音声ナビゲーションと言った機能は一通りついています。
写真の上の出っ張りがGPSアンテナです。
Navi01
電源は充電式ですがシガーソケットから充電できるので稼働時間の問題はありません。
写真は充電ケーブルと防水ケースを取り付けたところです。
Navi02
バイクに取り付けてみました。
私のスクーターはハンドル周りがカバーで覆われているのでミラーの根元に専用のマウントで固定しています。
Navi03 Navi04
近場を走った限りでは音声ナビも聞き取りやすく追従性や測定誤差も実用の範囲内でした。
ツーリングで実際に走った時に詳しい状況をレポートしてみたいと思います。

Pocket

先日、動画が撮影できるトイカメラを入手したのでバイクに搭載してF1風に車載カメラにしてみました。
Cam01入手したのはAVMC132の「ガンダム ジオン軍モデル」で3千円強で手に入れました。
Cam02バイクの右側にカメラ用のクリップ型雲台を使って固定してみました。
Cam03運転席側から見るとこのような位置になります。見にくいですがハンドルではなく車体に固定しています。
Cam04運転中も動作状況がモニタリングできるように液晶パネルを開いたままにしています。
実際に運転してみた感じ、視界を遮る事もなく普通に運転できました。
さて問題は実際に撮影された画像です。
Bike Cam Clipbike_cam_clip.mov(Quicktime形式 40MBで約8分ほどの映像です〕
映像を見てもらった方にはわかると思いますが、露出が光線の加減でアンダーになり暗い映像になってしまいました。またマイクがレンズの真下にあるため風切り音を拾ってしまいノイズがひどい状態です。さらにバイクの振動をもろに拾ってしまうので上下の揺れが目立ちます。
カメラの性能が最大13fpsとあまりよくないのとカメラの生データがMotion Jpegであり加工に慣れていない事もあって奇麗な映像には出来ませんでしたがバイクの挙動(曲がる時には車体が傾くなど〕はうまくとらえていると思います。
F1の車載カメラに近づくにはもう少し試行錯誤が必要かと思いますので、おりをみてトライしてみたいと思います。
追記:動画データを再編集して貼り付け直しました。