Pocket

イー・モバイルは解約した。


ウィルコムの3Gデータ通信サービス「Willcom Core 3G」を契約してきました。

とりあえずAspire OneのUbuntuで使えるように設定して有ります。

WillcomCore3G

写真は近くの駅に有るドトールコーヒーにて、Aspire OneからTwitterにアクセスしているところです。

なぜイー・モバイルを止めたかというと、自分の行動範囲であるアイスホッケー会場などで使えなかったからです。Willcom Core 3GはDocomoの回線を使っているのでエリアは一番充実しています。ところがDocomoでPC向け通信サービスは通信ポートをほとんど閉じておりストリーミングの閲覧などができないのです。

そこで多少性能は落ちるけど自由度が高くてお値段もリーズナブルなWillcom Core 3Gにしました。

Twitterへのアクセスや普通のWEBサービスの利用程度であれば充分使えます。

これでAspire Oneの出番が増えそうです。

Pocket

あとはエクスプレス予約が来れば俺は戦える。


ウィルコムでもモバイルSuicaのサービスが始まりました。

MobileSuica_WX340K.jpg

使い勝手は今まで使っていたDocomoのD905iとなんら変わりがありません。ただJR東海のエクスプレス予約連携と乗り換え案内機能が使えないぐらいの差しかありません。

エクスプレス予約さえ来れば、私のDocomo回線は事実上不要ですね。エクスプレス予約も年内サポートなのでDocomoとのおつきあいも終わりかな。

年末はいろいろと回線の縛りが切れるので、契約を整理する事になりそうな予感です。

Pocket

青色があったら俺的には最高だったのに。


ケータイWatchの『おサイフケータイ対応の折りたたみ型端末「WX340K」 』より

京セラ製「WX340K」は、おサイフケータイ対応の折りたたみ型PHS端末。2月下旬に発売される予定。

同時発表の「BAUM」とともに、ウィルコム初の“おサイフケータイ”対応機種となる。ショッピングなどで利用できるほか「ICデータ通信」機能で、他のICデータ通信対応機種とアドレス帳や写真などをやり取りできる。

お待ちしておりましたよ。

というわけでウィルコムもおサイフケータイに対応する事が発表されました。ちなみに「おサイフケータイ」はNTT docomoの登録商標なのでウィルコムは「ウィルコム ICサービス」と呼ぶそうです。

対応端末は新発表の「WX340K」と「BAUM(WX341K)」です。どちらも京セラ製ですが折畳みかストレートかの違いが主なところです。

本命のWX340KのスペックはAF200万画素カメラ、おサイフケータイ、Flush Lite 3.1、ウィルコムガジェット、Net Front、デコメ、赤外線、Micro SDとほぼ普通のケータイ並のスペック。個人的にはブラウザがOperaでなくなったのとメールがBe Star Mail(富士通ビー・エス・シーの携帯向けメーラ)からNet Frontへ変更になったのが寂しいのと、Page Upキー・Page Downキーが無くなったのが残念。あとBluetoothが無いのが惜しいところ。

正直「こんなの俺の望んでいた京ぽん3なんかじゃないやい」とは思いました。

京ぽんらしいとんがったところは有りません。でも私の実用的にはほぼ満足のスペックです。Net Frontのメールのできを見てからになりますけど、たぶん発売されたら乗り換えると思います。まぁおサイフケータイのサービスの一部に夏対応があるので展開を見てにはなると思いますが。

これでドコモの端末とはお別れできるかなぁ。

Pocket

iPhone が手元に来たから、機種変を決断した。


私にとってのメイン回線であるウィルコムの端末をアドエス(W-ZERO 3 Advaced [es])からWILLCOM 9に機種変してきました。

WS018KE_01.jpg

スマートフォンとしては優秀な部類のアドエスですが、やはり専用の音声端末にはかなわない事と、先日のファンイベントで実機を触って自分のやりたい事が出来そうだったので機種変に踏み切りました。

WEB閲覧やPCメールの管理はiPhoneに集約して、通話や知人とのメール交換のみWILLCOM 9で行なうつもりです。しばらく使い込んでみて最終的な役割は決めようと思っています。

Pocket

連休明けのサプライズとは、これの事。


街中で配布されているフリーペーパーで有名なR25をウィルコムが乗っ取ってしまいました。

0807221809_320x240.jpg

「もうひとつの未来」をキーワードに、ウィルコムとリクルートがコラボレーションして一つの雑誌を作りあげました。
ウィルコムのコンセプトや最新端末のことも書かれていますし、それ以外の記事も未来をキーワードにまとめられているので読み応えがあります。
駅や街中で見かけたら手にしてみて下さい。オススメです。

Pocket

梅雨が明けてやたら熱い土曜日にもっと熱いイベントがあった。


銀座のR25 cafeで、useWill.comのふぇちゅいんさん主催のウィルコム ファンイベントがあったので行ってきました。

willcomevent_01.jpg

Read More →

Pocket

この前WILLCOM 9発表したばかりだろ。


WILLCOM NEWSさんの『技術基準適合証明等の公示が更新。黒耳と思われる端末や京セラのtypdG端末他が通過 』によると、京セラとアルテルのPHS端末と思われる製品が技術基準適合証明を通過したらしい。

ちなみにご存知無い方のために解説しておくと技術基準適合証明(通称:技適)というのは本来無線機である携帯電話やPHSなどの端末装置を一括して、電波を出しても問題の無い機材だと総務省が検証の上で認定する事。無線局は原則送信機ごとに電波を出して良い機材か審査を受ける必要があるのだが、平成16年以降に発売された携帯電話やPHS、基地局用機材などはこの技適を取る事で一台ずつ適合検査を受けなくてすむ。

で、この技適の通過情報をチェックしていると近々発表または発売される端末のメーカと型番や電波の形式が判明する。今月の更新情報で電波形式情報からPHS向けと思われる機材がいくつか通過している。ということは新しいPHS端末がまたまた発表される可能性があるという事だ。

個々の型番の認定情報をチェックすると、京セラ製の端末は電波形式からType Gと呼ばれる帯域幅800Kの高速対応端末っぽい。ということはひょっとして「真・京ぽん3」なのかっ!アルテルの端末もType G対応っぽいので、5月のWILLCOM FORAM & EXPOで参考出品されていた「黒耳」こと高速対応W-SIMのようだ。

もしこれらの端末が近日中に発表されるとなると、端末購入や機種変は今は控えたほうがいいのかもしれない。正直、端末情報を小出しにされると買い控えが起きるので止めて欲しい。さぁ、ウィルコムさんおとなしくゲロってください(笑)。

Pocket

昨日、病院の後に新宿のヨドバシカメラに寄ってみたところ7月11日から販売が開始される Ultra Mobile PC「WILLCOM D4」のホットモックが展示されていました。予約も金曜日から受付が開始されているようです。

WILLCOM_D4.jpg

あまり期待はしていなかったのですが、実際に触ってみて評価が一変しました。

Read More →

Pocket

実はこれ京ぽんの進化系なのかもしれない。


ケータイWatchの『ウィルコム、シンプル志向の音声端末「WILLCOM 9」 』より

ウィルコムは、折りたたみ型の新音声端末「WILLCOM 9」を7月18日に発売する。オープンプライスだが、同社通販サイトなどでは、「W-VALUE SELECT」で一括購入する場合は3万6000円(割引は1100円×24カ月)となる。

「WILLCOM 9」は、シンプル志向の「9(nine)」のコンセプトを受け継いだKES製の音声端末。必要最低限と考えられる機能を取り入れ、デザイン面でもシンプルさを強調する形状、色調を採用した。

先日のWIILCOM FORUM & EXPOでは発表されなかったウィルコムの夏モデル音声端末が、今日発表されました。その名も「WILLCOM 9」です。

この端末、シンプル路線狙いのはずなのになにげに高機能で、先代の「9(nine)」からかなり進化しています。

Read More →

Pocket

月末はウィルコムユーザにとっては祭りが起きるかもしれない(希望的観測)


来たる5月27、28の両日にウィルコムが「WILLCOM Forum&Expo ’08」を東京ミッドタウンで開催します。 どうもこの日に向けて新しい端末やスマートフォンが大量発表される可能性が出てきました。

というのは既に発表済みのウルトラモバイルPC「WILLCOM D4」の型番が”WS016SH”で、先日発表になったパイオニアのカーナビ向け通信モジュールが”WS021GS”と”WS022IN”。そして現在発売中のPCカード型W-SIMアダプタの型番が”WS014IN”。少なくとも15と17から20までが不自然にあいています。

さらにBluetooth.orgの認定に”WS015SH”が通過したとの公示がありました。という事は少なくてもシャープ製の端末が発売されます。シャープは今までスマートフォンしか投入していないので、Bluetoothを搭載したW-ZERO3ではないかともっぱらの噂です。
昨年のForun&Expoでは大量のプロトタイプが発表されていたので、そのうちのいずれかが製品化されるのかもしれません。個人的にはプラモフォンとくまフォンを製品化して欲しいな(笑)。

さらに今日飛び込んできたニュースとしてJATE(財団法人電気通信端末機器審査協会)の認定機器に京セラ製のPHSと思われる”HT02″と言う端末が認定通過しています。
ひょっとして

京ぽん3 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
の、かもしれません。

久しぶりにウィルコムユーザにも端末を選ぶ楽しみが来るのかもしれません。