Pocket

さすがに移動が大変。


今日は味の素スタジアムと東伏見DyDoドリンコアイスアリーナをはしごしてきました。

味スタは今年からアメリカンフットボール大学選手権東日本代表決定戦に位置づけられた「CRASH BOWL」の決勝。東伏見はアイスホッケー関東大学リーグプレイオフ決勝です。

どちらも優勝のかかった大一番とあって注目の一戦です。

CRASHBOWL2009_01.jpg

味スタの対戦カードは小樽商科大学にトマホークス対決を勝利した法政大学トマホークスと仙台大学を撃破した早稲田大学ゴールデンベアーズです。

Read More →

Pocket

自力では無理でもあきらめないで欲しい。


nikkansports.comの『日本初戦完敗五輪ピンチ/アイスホッケー』より

世界ランキング22位の日本は初戦で同10位のドイツに1-7で大敗し、3大会ぶりの五輪出場はいきなり厳しい状況に追い込まれた。7日のスロベニア戦で敗れた場合はもちろん、同日にドイツがオーストリアにすんなり勝てば、その時点で望みは消えてしまう。

アイスホッケーの日本代表がバンクーバオリンピックの最終予選に臨んだ。その大事な初戦、ドイツに1 – 7とコテンパンにやられた。正直、全勝しない限りバンクーバーへは出られないと思っていたので、相当厳しい状況だと思う。

ただ日本のアイスホッケー自体がピンチに陥っている状況なので、なんとかオリンピックに行ってマスコミに取り上げられて欲しいと思っている。

奇跡が起きてくれればいいのだけれど…

Pocket

あれではファンは増えないよな。


今日の試合は結局2 – 5で、結局神戸で勝ってから27連敗に終わった。
まぁ実力差はいかんともしがたいので、悔しいけどこれは全日本選手権や来シーズンの糧にするしかないとは思う。

090125_Score.jpg

ただ今日の試合を観てて疑問に思った事がいくつか有った。
疑問、というよりは納得が行かないといったほうが正しいかもしれない。

今日は「西東京市民デー」ということで、西東京市民には自由席を¥1,000.-で販売したらしい。
ということで先週のSEIBUクラシックを超える3000人の入場者が有った。ということは初めてアイスホッケーを観るお客さんも多かったと思う。
それであるなら試合前にルール説明や選手紹介などをしても良かったんじゃないのかと思った。

次にこんだけ観客が集まったんだからプリンスラビッツが存続のピンチである事をなぜ訴えないのか?
列にいたお客さんが署名活動を見て「なんの署名集めているんだろ」と言ってたから、地元ですら存続活動が知られてないのはヤバいのではないか?

それから試合後にアフターマッチで女子のアイスホッケーが行なわれてたみたいなんだけど、場内アナウンスも何もなくて係員から追い出されたような格好だった。
せっかく試合が有るならアナウンスぐらい流して少しでも見てもらえば、プレーヤーの励みにもなるし観客からひょっとして新たなプレーヤーが現れるかもしれないのに。
ほんとにアイスホッケーを振興させようとしているのだろうか。

最後に今日の試合もクリーンではなかった事。
まぁプリンスラビッツ戦はいつもこうなので今更なんだけど、初めて見に来たお客さんが「アイスホッケーって野蛮なスポーツ」と思ってしまったら、それこそファンにはなってくれないよね。今は一人でも仲間を増やさないといけない時期なのにこれでは逆効果じゃないのかな。
正直、ラビッツの実力なら乱闘を起こさなくともバックス相手に優位に試合を進められると思うんだけど。

今日の試合を見てて、正直プリンスラビッツもアジアリーグ事務局もアイスホッケー連盟も何やってんだと言う感じがした。来シーズンのアイスホッケー界への期待が全然見えないよ。

Pocket

ゼビオの名前は使わないんだな。


nikkansports.comの『東北フリーブレイズ設立、荒城が1人4役 』より。

東北に、アジア制覇を目指すアイスホッケークラブ「東北フリーブレイズ」が誕生した。設立会見が12日、宮城県庁で行われ、来季からのアジアリーグアイスホッケー(来年9月開幕)参入を目指すと発表。青森県八戸市、福島県郡山市を拠点とする。04-05シーズンまで日光アイスバックス監督兼FWで活躍した荒城啓介(34)が社長、監督、GM、選手と1人4役をこなし、東北アイスホッケー界に新たな風を送る。

2ちゃんねるではかなり前から噂になっていましたが、スポーツクラブの運営やスポーツ用品の販売を行っている「ゼビオ」がスポンサードするアイスホッケーチーム「東北フリーブレイズ」が設立されました。今シーズンは選手を集め来年のアジアリーグ参入を目指します。

Read More →

Pocket

拾える勝ち星は拾っておかないと。


0809281347_512x384.jpg
あのプレイオフ以来2年ぶりになる、日光霧降アイスアリーナでのアイスホッケー観戦にやって来ました。相手はチャイナシャークスです。

霧降は東京以上にヒンヤリしていました。

Read More →

Pocket

0809201335_512x384.jpg

髪も切ったし、必勝祈願もした。


今日、アジアリーグアイスホッケー08-09シーズンが開幕しました。東伏見のDydoドリンコアイスアリーナは開門前から待ちわびたアイスホッケーファンでいっぱいです。

Read More →

Pocket

スコア以上にいいところが無かったなぁ。


今日、東伏見で行われたアジアリーグ アイスホッケー ’08-09 プレシーズンマッチ SEIBUプリンスラビッツ VS 日光アイスバックスを見てきました。アイスホッケーの生観戦は2シーズンぶりです。

080914Bucks01.jpg

新人加入のほかに新外国人2名を獲得して今シーズンのプレーオフ進出を目指すバックスの戦いを期待していったのですが、以前と変わらぬチームがそこにはありました。

ちなみにスコアは 6 – 3 でプリンスラビッツの勝利でした。

Read More →

Pocket

ハードディスクレコーダの容量が足らなくなる季節でもある。


先週木曜日にNFL、先週土曜日にXリーグWestが開幕、日曜日にはアイスバックスのプレシーズンマッチ開始とアメフトもアイスホッケーも公式戦のシーズンになってきました。私の血と心がわき躍る季節です。

今朝もLiveでブロンコス VS レイダースのマンデーナイト(月曜日の夜に唯一開催されて全米中継される注目のカード)を見ました。開幕戦が注目のカードに選ばれるも試合としてはレイダースは一方的にやられた感じでした。

ただルーキーのマクファッデンがそこそこ走れそうなのと2年目のQB、ラッセルが少しだけ才能の片鱗を見せてくれたのが救いでした。

土曜日にはシルバースターの公式戦、日曜日にはアイスバックスの東京でのプレシーズンマッチも控えています。ハートのエンジンを加速させてゆきたいですね。

Pocket

神戸遠征なしか…。


アジアリーグオフィスから08-09シーズンのアジアリーグの日程とフォーマットが発表されました。

変わったところと言えば

  • レギュラーリーグは総当たり6試合の各チーム36試合制(昨年は各チーム30試合制)
  • オーバータイムを終えても同点ならゲームウィニングショット戦で必ず決着をつける(昨年は引き分け)
  • オーバータイム勝ち、GWS勝ちなら勝ち点2、オーバータイム負け、GSW負けでも勝ち点1
  • プレーオフ進出は1位から5位まで(昨年は6位まで)
  • プレーオフはファーストラウンドで4位と5位が戦う、セミファイナルは1位とファーストラウンド勝ち上がりチーム・2位と3位が各々戦う
  • プレーオフファーストラウンドのみ2勝で勝ち抜け、セミファイナル以降は4勝で勝ち抜け(昨年は全て4勝で勝ち抜け)

といったところでしょうか。

このフォーマット、アイスバックスにはかなり厳しいですね。

Read More →

Pocket

ストーリーはベタやったけどおもしろかったね。
初詣での帰りにシネコンに寄って映画を観てきました。
見てきたのは「SMILE 〜聖夜の奇跡〜」
ミュージシャンで俳優の陣内孝則が監督したアイスホッケーを題材にした映画です。
九州男児である陣内監督がウィンタースポーツであるアイスホッケーを題材にした映画を撮ったという事で、私のアンテナに引っ掛かりました。

Read More →