Pocket

ちょっとハマったけど満足度高い


元々私のMac MiniはIntelのSSDを増設していたのですが、速度面では満足していました。しかし元々内蔵されているHDDと2つのドライブ管理になって、不便を感じていました。

そこに週刊アスキーの記事をを見てFusionDrive化できる事を知ったので、うちのMac Miniにも適用してみました。

FusionDrive

手順としては

  1. HDDとSSDのバックアップをとる
  2. USBでブートする
  3. コマンドラインで2つのデバイスを1つの論理ボリュームにする
  4. OSをインストール
  5. バックアップからデータを戻して ( ゚д゚) ウマー

コマンドラインなどの情報はググれば出てきますが、私が参考にしたのは以下のサイトでした。

Studio-AJD 「2011 MacminiをFusion Drive化する。

ちょっとハマったのは、ほかのサイトで「リカバリモードで起動してから、コマンドラインで1つの論理ボリュームを作成する」と記述があったので、リカバリモードで試してみましたがうちのMac miniではディスクがマウント状態になり、論理ボリュームの作成に失敗しました。

そこでUSBインストーラを作成しUSBから起動して論理ボリュームを作成したら問題なくFusion Drive化に成功しました。

Fusion Drive 化のストレージは容量も増えて単一ドライブで取り回しもよくて、全体的な体感速度も向上していい感じです。

容量増加

容量増加

Mac miniにSSD増設というハードルがありますが、メリットも多いのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation