Pocket

同じアメフトでも華やかさはXリーグの方があるかな


今日は川崎球場で春のXリーグ「パールボウルトーナメント」を見に行ってきました。

PearlBowl100502_01

連日の澄み切った青空がいい気分でした。

第1試合はブルザイズ東京と明治安田パイレーツの試合。

PearlBowl100502_02

Time Of Possession(ボール支配時間)ではパイレーツの方が圧倒的だったのですが、ブルザイズが善戦。それでも時折見せるロングパスが決まった事とディフェンスがランプレイを止めた事でパイレーツが勝ち星をもぎ取りました。ただパイレーツにミスがあり、4Qにはロングスナップが乱れてセーフティになってしまったのは、相手にモメンタムを与える所でした。これは今後の課題かもしれません。

第2試合はハリケーンズ対IBMビッグブルーの対決。

この試合はラインの差が如実に出て、ハリケーンズオフェンスが最初は全く前進できません。一方ビッグブルーは着実に前進してエンドゾーンへ。1Qからタッチダウンを奪ってゆきます。

PearlBowl100502_03

ゲームを通してボールを支配したビッグブルーが48 – 0の大差で勝利します。ただビッグブルーは7回のコンバージョンキックのうち4回も失敗しています。また反則も多かったですね。こういうミスをしていると上位チームには厳しいかもしれません。

ハーフタイムには各々のチアリーダーズが華麗なショーを見せてくれました。この辺は魅せる事を考えた演出も有るのでしょう。

PearlBowl100502_04

華麗なダンスを決めたパイレーツチアガール「マーメイド」

PearlBowl100502_05

ポンポンで人文字を決めるビッグブルーチア「BBC」

これから7月まで週末に試合が有るのでチアの華やかさとプレイの力強さを見にスタジアムへ足を運ぼうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation