Pocket

最後の最後まで目が離せない試合だった。


今シーズンの最後の大会である関東大学アイスホッケー選手権に行ってきました。今日のカードはAグループの決勝。つまり関東の大学No.1を決める戦いです。

KantoUnivIH100429

対戦カードはリーグ戦の覇者早稲田大学と明治大学との闘い。

8分過ぎに明治が先制すると10分過ぎに早稲田が追いつきます。その後はどちらも攻め込みながら点が取れずに膠着状態。

2ピリ途中には明治が2メンアドバンテージの大チャンスも有ったのですが攻め切れず。一方早稲田もフィニッシュまでは持ち込みますが、明治のゴーリーに止められます。

そしてレギュラータイム60分もオーバータイム10分を過ぎても決着がつかず、ゲームウイニングショットにもつれ込みます。

両方とも2本ずつ外した3本目。先攻の明治は先制ゴールを決めた#61 土屋君。早稲田のゴールを死守してきた#38 小野君の右側に放ったパックがゴールネットを揺らします。

KantoUnivIH100429_02

後の無い早稲田は#8 山下君がゴールを狙いますが、途中出場の明治ゴーリー#44 伊藤君が右足で止めて試合の決着をつけました。

決勝にふさわしい死闘でした。シーズンの最後にこんな素晴らしい試合が見れてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation